IoT

MONOist 最新記事一覧
3Dプリンタ関連、今の旬は金属積層か?
今回は、金属3Dプリンタに関連する記事を紹介します。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/8f9e489bb4c1f7c543290b38a247eeca"/>
(2018-7-17 12:00:00)
MONOist 最新記事一覧
大前研一氏が語るAI、「使いこなせない企業は淘汰される」

技術商社のマクニカは2018年7月12〜13日、ユーザーイベント「Macnica Networks DAY 2018」を開催。その2日目にビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長で、ビジネス・ブレークスルー大学の学長である大前研一氏が「AIと日本経済再生」をテーマに基調講演を行った。

(2018-7-17 11:00:00)

MONOist 最新記事一覧
ユニバーサルロボットが協働ロボットを10年ぶりに全面改良、性能強化項目は4つ

ユニバーサルロボットが協働ロボットの新製品「eシリーズ」について説明。10年ぶりの全面改良となるeシリーズは、同社の協働ロボットが評価されてきた「迅速なセットアップ」「柔軟な配置」「簡単なプログラミング」「安全性」の4項目をさらに強化したものとなる。

(2018-7-17 10:00:00)

MONOist 最新記事一覧
出産後も「継続して仕事をしてきてよかった」と85.2%が回答

ソフトブレーン・フィールドが「出産後の働き方についての意識調査」の結果を発表した。出産後に「仕事復帰してよかった」と72.1%が回答し、85.2%が「継続して仕事をしてきてよかった」と感じていた。

(2018-7-17 09:00:00)

MONOist 最新記事一覧
LoRaWANで電気メーター遠隔検針の実証実験を開始、日本橋エリアのビルで
三井不動産とセンスウェイは、全国規模のIoT環境構築に向け、事業提携契約を締結した。日本橋エリアのビルを対象に、電気メーター検針作業の自動化・遠隔管理の実証実験を2018年9月1日に開始する。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/c29ac04e2730b37a6a4b8cea00ad1344"/>
(2018-7-17 09:00:00)
MONOist 最新記事一覧
車載SoC向けハイパーバイザーの開発を支援するサポートパッケージを提供
ルネサス エレクトロニクスは、車載用SoC「R-Car」向けの「R-Car仮想化サポートパッケージ」の提供を開始すると発表した。ハイパーバイザーの開発ガイドドキュメントと、レファレンスソフトウェアを無償で提供する。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/f43ab61b62cf05c30382d842ce0caf0c"/>
(2018-7-17 08:00:00)
MONOist 最新記事一覧
バッテリー交換型電動バイクの実証実験、ホンダとパナソニックがインドネシアで

ホンダとパナソニックは2018年7月13日、インドネシアに共同出資で新会社を設立し、バッテリー交換型電動バイクを用いたバッテリーシェアリングの実証実験を開始すると発表した。充電の待ち時間や走行距離に対する不安を解消し、電動モビリティーの普及を後押しする。

(2018-7-17 07:00:00)

MONOist 最新記事一覧
外観検査用途として手首関節モジュールの量産を開始
NTNは、自動車部品や産業機械部品の外観検査向けに、手首関節モジュール「i-WRIST」を2018年8月より量産開始する。独自のリンク機構を採用しており、外観検査の高速化、省スペース化を図る。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/79a8ad451dba1359497d3771496e7af6"/>
(2018-7-17 07:00:00)
MONOist 最新記事一覧
高級車から広がる48Vシステム、ディーゼルエンジンに代わる環境技術に
聞いたことはあるけれど、正確に知っているかといわれると自信がない……。クルマに関する“いまさら聞けないあの話”を識者が解説します。第3回は、ディーゼルエンジンに対する逆風が強まる中、製品化が相次いでいる「48Vシステム」です。48Vシステムの特徴とは一体何でしょうか。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/77e28bade7ebb8e005091fb980bed54e"/>
(2018-7-17 06:00:00)
MONOist 最新記事一覧
「ここWi-Fi飛んでんな」が本当に分かる、PSSJが無線電波の可視化サービスを展開

 パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、ユーザーイベント「SOLUTION Japan 2018」(2018年7月11〜12日)において、IoT環境を支える無線電波の可視化サービスを出展した。2018年秋頃の商品化を計画する。

(2018-7-17 06:00:00)

MONOist 最新記事一覧
がん細胞のDNA修復能力を高める新しい因子を発見
東京大学は、生殖細胞関連タンパク質「SYCE2」が、がん細胞で増えていること、また、がん細胞の細胞核内環境を変化させることでDNA修復能力を増加させることを発見した。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/8e5bcc27ac24e73581046253710351ba"/>
(2018-7-13 15:00:00)
MONOist 最新記事一覧
鋳造技術でアスリートを“アーカイブ”、パッキャオや広島カープの選手も

精密鋳造部品を手掛けるキャステムは、同社が得意とするロストワックス精密鋳造技術を基に新たな事業を本格化させる方針を明らかにした。アスリートをはじめ人の手や足、体を、鋳造や3Dデータの技術を生かして歴史に残す「ヒストリーメーカー」だ。

(2018-7-13 15:00:00)

MONOist 最新記事一覧
BIMビュワーによる確認済証交付で確認申請プロセスを効率化

アーネストアーキテクツと日本ERIは、BIMビュワーを用いた電子申請により、戸建て住宅の確認済証交付に至った。確認申請用図書の作成期間を短縮し、審査機関側は、BIMソフトがなくてもWebシステムを介して確認済証が交付できる取り組みだ。

(2018-7-13 13:00:00)

MONOist 最新記事一覧
AIで分析すべきデータとは何? 因果の鎖はつながっているか
集め方にも最低限守るべき条件があるようです。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/aa913ba9a1892621e10d85eecd8eb368"/>
(2018-7-13 12:00:00)
MONOist 最新記事一覧
人の苦しみを肩代わりするサービスロボット、原発を廃炉に導き起立障害を解決へ
世界最大級の技術専門家の組織IEEEは2018年6月20日、都内で「サービスロボット技術の現状と未来」と題したプレスセミナーを開催した。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/368909bb22c32141570270b28a9715fe"/>
(2018-7-13 11:00:00)
MONOist 最新記事一覧
IoT時代の「日本品質」の構築は「見える化」と「紙をやめること」から始めよう

MONOistが開催した品質管理セミナー「品質管理を現場の“人”に押し付けないために何ができるのか〜IoT時代だからできる品質向上の実現手法〜」では、「日本品質」の構築を実現するために“人”の強みを踏まえつつ、IoTやAI、ロボティクスといった品質改善活動に貢献する新たな手法やツールについて紹介した。

(2018-7-13 10:00:00)

MONOist 最新記事一覧
自動車業界は電気・ソフト系エンジニアが引っ張りだこ

電気・ソフト系エンジニアが活躍する職場の中でも、特に安定しているといわれる自動車業界。自動運転技術やIoT(モノのインターネット)、EV(電気自動車)など新しい技術開発がめじろおしの自動車業界が今カメラやスマホ、通信機器、OA機器など、異業界で活躍するエンジニアを積極的に中途採用していることをご存じですか?

(2018-7-13 09:00:00)

MONOist 最新記事一覧
大規模データを加工できるデータ準備基盤、TTDCが導入
アシストは、同社が取り扱うデータプレパレーションプラットフォーム「Paxata」のクラウド版が、トヨタテクニカルディベロップメントのデータ基盤に採用されたと発表した。導入により、大規模なデータの管理と加工が可能になる。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/090616066209bfa5d69ef99f258b84da"/>
(2018-7-13 09:00:00)
MONOist 最新記事一覧
360度カメラのプラグイン開発を支援するパートナープログラムを開始

リコーは、ワンショットで360度の全天球イメージを撮影できるカメラ「RICOH THETA V」のプラグイン開発を支援する「RICOH THETA プラグイン パートナープログラム」を発表した。

(2018-7-13 08:00:00)

MONOist 最新記事一覧
金属3Dプリンタは量産対応とともに「誰でも使える」を目指す、ソフトウェアも続々
東京ビッグサイトで「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」が開催された。その中で金属3Dプリンタは海外を中心に10社以上の製品が並んだ。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/95561b6bf22a44fd8ed2403d8c86af9c"/>
(2018-7-13 07:00:00)
MONOist 最新記事一覧
センサーの導入コストを抑える、消耗品劣化検知技術を開発

日立製作所は、工作機械の内蔵モーターをセンサーとして活用した、消耗品の劣化検知技術を開発した。センサーの導入コストを抑え、機器の保守コスト削減に貢献する。

(2018-7-13 07:00:00)

MONOist 最新記事一覧
ホンダ「Nシリーズ」に新モデル、助手席までフルフラットでセンターピラーレス
ホンダは2018年7月12日、商用バンタイプの軽自動車「N-VAN」を発売すると発表した。発売日は同年7月13日。軽自動車「N-BOX」のプラットフォームを活用しながら広い積載スペースと積載作業の効率性を実現した。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/75a237148d9259edc32c801fe00884a4"/>
(2018-7-13 06:00:00)
MONOist 最新記事一覧
電子線滅菌技術を用いた医薬・再生医療向け滅菌装置

日立造船は、電子線滅菌・除染パスボックスを開発し、医薬・再生医療分野を対象に販売する。シャーレなどの培養器具や環境モニタリング資材などを、従来の10分の1以下の時間で滅菌・除染できる。

(2018-7-12 15:00:00)

MONOist 最新記事一覧
彫刻欄間の表裏2枚の古写真から3Dモデルを制作する技術を開発
安藤ハザマとアールテックは、彫刻欄間の表裏2枚の古い写真から3Dモデルを制作する技術を開発した。現物が存在しない彫刻欄間でも古い写真を元に制作できるため、復元作業の負担を大幅に軽減し、作業を効率化する。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/c8794edfdbc56d841179fce721f8a22d"/>
(2018-7-12 14:00:00)
MONOist 最新記事一覧
2022年までのAR/VR関連の市場予測を発表、71.6%の高い成長を予測

IDC Japanは、2022年までの世界のAR/VRのハードウェア、ソフトウェア、関連サービスの市場予測を発表した。AR/VR市場全体を消費者向け分野がけん引し、それに小売業、組立製造業、輸送・運輸業が続くと予測した。

(2018-7-12 13:00:00)

MONOist 最新記事一覧
エレメカ協調設計は今後進展するのか
読者の皆さまはどうお考えですか。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/f461c1fb0280347d1bc1cb44d4d1a84f"/>
(2018-7-12 12:00:00)
MONOist 最新記事一覧
あの衛星やロケットも? 日本の宇宙開発を支えるOTCのプリント配線板技術
プリント配線板の設計、製造、販売を行うOKIサーキットテクノロジーは、プリント配線板において、JAXA認定を全項目で取得。高い技術力と信頼性で、日本の宇宙開発事業を支えている。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/005441b4272e092d4efcdf9f96cc9e91"/>
(2018-7-12 11:00:00)
MONOist 最新記事一覧
新生ウインドリバーが事業戦略を説明、組み込み機器をソフトウェアデファインドに

ウインドリバーは2018年7月11日、東京都内で会見を開き、同社の事業戦略を説明。同社は、これまでの親会社だったインテルから、投資会社であるTPGキャピタルへの売却が2018年6月26日に完了しており、新体制のウインドリバーが日本国内のメディア向けに会見を行うのは初となる。

(2018-7-12 10:00:00)

MONOist 最新記事一覧
中堅中小企業向けERPパッケージに返品依頼伝票機能を追加した最新版

SAPジャパンは、中堅中小企業向けERPパッケージの最新版「SAP Business One 9.3」「SAP Business One,version for SAP HANA 9.3」の提供を開始する。返品依頼伝票などの機能が追加されている。

(2018-7-12 09:00:00)

MONOist 最新記事一覧
リアルタイムOSがAutomotive Grade Linux対応ソリューションを拡充
Green Hills Softwareは、同社のRTOS「INTEGRITY」用の仮想化機能「INTEGRITY Multivisor」と、主要な64ビット・オートモーティブグレードSoCに搭載するAutomotive Grade Linux(AGL)向けの開発ツールを提供開始した
<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/Q4XxHGBEcQ5x/3439758e7fd656596025b6e145d985a9"/>
(2018-7-12 08:00:00)
Make: Japan
レーザー感知システムを装備したレーザーメイズを作って脱出のスキルを磨こう
perfect-evasion-skills-laser-armed-maze

大切なものを網の目状に放射されるレーザー光線で厳重に守る「レーザーメイズ」は、映画では究極の防犯システムとして登場する。泥棒はその隙間を、身をかがめたり、体をよじったり、這ったり、ジャンプしたりしながら通り抜けなければならない。レーザーに触れたら警報が鳴る。現実には、レーザーメイズは家の防犯対策としては非合理だが、作るのは楽しい。そして、遊び場としてとても楽しい。

警告:レーザー光線は大変に強力なので目を痛める危険性があります。

Read the full article on MAKE

(2018-7-17 09:30:34)

Make: Japan
[MAKE: PROJECTS]オープンソースのDIY点字プリンター「OpenBraille(オープンブライユ)」
IMG_3955-1024x768このプロジェクトは、私がAlvinoに出会ったことで始まった。彼はバハマの出身だが、生まれつき目が見えない。今は政府から点字プリンターに補助金が出るカナダに移住しているが、それでも点字プリンターは高価で、修理代も馬鹿にならない。そこで、彼がアコーディオンを弾くときに点字の楽譜が読めるよう、点字プリンターを自作しようと考えた。

最初に思いついたのは、ピンとロータリーエンコーダーを組み合わせて、新しい仕組みの点字プリンターを作ることだった。

Read the full article on MAKE

(2018-7-13 09:00:37)

Make: Japan
花火を発射する6足歩行のストランドビースト
building-6-legged-robots-launch-fireworks

Jeremy Cookは、みんなが大好きな「ストランドビースト」のデザインを、誰もやったことのない形で役立てたいと考えてきた。そして、いろいろな素材やコントロールシステムを使っていくつか作ってみた。今回製作した最新版には、7月4日のアメリカ独立記念日を祝うための、花火の発射機能を搭載している。

Bluetoothでコントロールできるように、いくつかのモジュールをつなぎ、リレーとニチノールの線を使って花火の点火装置を作った。もちろん、彼はそれを花火を発射するのに相応しい外観を与えたのだけど、なかなかいい感じだ。

Read the full article on MAKE

(2018-7-12 09:00:22)

Make: Japan
Maker Faire Tokyo 2018 ─ 出展者情報公開!
Maker Faire Tokyo 2018の出展者情報ページを公開しました。いつもと同様に、エレクトロニクス、ロボティクス、ミュージック/サウンドなどのカテゴリ別に掲載されていますので、興味のあるカテゴリからチェックしてください。

今年も新しいカテゴリを増やしてみました。その中で(やはり)出展者が増えたのは、AI/画像認識です。他に、アシスティブテクノロジー(障害を持った方や介護のためのプロジェクト)関連の出展がかなり増えたところは興味深いところです。

(2018-7-10 13:00:26)

Make: Japan
強力なAIとMakerのプロジェクトをつなげてくれる3つのキット
three-kits-can-help-connect-project-powerful-ai

みなさんはすでに、ペットの自動給餌機や、玄関の自動ロックや、ロボットなどを作っているかも知れない。どれも楽しいMakerプロジェクトだ。しかし、これまではそこに1つのものが欠けていた。ちょっとした知性だ。もし、自動給餌機が、ネズミではなくネコに餌をやるよう自分で判断できれば、または、両手に荷物を持っていても、あなたの顔を見ただけで玄関のドアの鍵を開けてくれたら、どうだろう? もちろん、ロボットと会話ができたらと誰でも思う。AIは、楽しいプロジェクトをもっとすごくしてくれる。

Read the full article on MAKE

(2018-7-10 10:00:09)

Make: Japan
ピザの箱で作ったラジコン飛行機
editor_images-1528185745961-Screen+Shot+2018-06-05+at+08.48.38

下の2つの動画は、ラジコン飛行機チャンネル、「Flite Test」からのもの。彼らは昼食に食べた宅配ピザの箱を使って、しっかり飛べるラジコン飛行機を作った。使ったのは、モーター、バッテリー、ESC(電子速度コントローラー)、そして無線送受信機だけだ。

Flite Testのサイトでは、設計図と詳しい作り方が公開されている。飛行テストの動画が教えているのは、ラジコン飛行機によく使われる特別なフォーム材を手に入れるのに苦労している人がいるみたいだけど、近くにピザの箱が落ちてるんじゃないの? ということだ。

Read the full article on MAKE

(2018-7-9 09:30:17)

Make: Japan
Young Maker ベイエリア遠征チャレンジ ― 慶応大学Fab Nurseチームがメイカーの “聖地” で感じたこと
èWçáé ê^

編集部から:株式会社オライリー・ジャパンのMaker Faire Tokyoチームでは、若い世代の方に、国際的なイベント出展で自ら作品を発表する経験を通じて、ものづくりや科学技術、国際交流に対する視野を広げてもらうことを目的に、世界最大のメイカーの祭典「Maker Faire Bay Area」へ出展する学生をサポートするプログラム「Young Maker ベイエリア遠征チャレンジ」を実施しました(概要はこちら)。今回、出展チームとして選考された慶應義塾大学Fab Nurseチームの淺野義弘さんに、その経験を寄稿していただきました。

Read the full article on MAKE

(2018-7-6 10:00:05)

Make: Japan
関税は米国のMakerを傷つけ、製造は海外に移転する
tariff-illustration

(米国の)新しい関税と貿易戦争の話を聞いてから数週間になる。この手のニュースを聞くときは、どのソースから発信されたか、どこで見たかに関わらず、トランプ大統領やその他の議員たちの言動に素早く焦点を切り替えながら、客観的に判断することが大切だ。私はこれまで、この関税の問題が自分に直接影響するとは考えていなかった。しかし、Bunnie Huangの記事を読んで考えが変わった。

Bunnieは、私にくらべてずっとよく勉強している(それに頭もずっといい)が、電子製品への25パーセントの関税がMakerをいかに傷つけるか、さらにこれがなぜ結果的に製造を海外に移すことになるかを、わかりやすく解説してくれている。

Read the full article on MAKE

(2018-7-2 09:30:38)

Make: Japan
13歳のイタリアの少年たちが作ったスマートな次世代自転車「Ardubike」
13-year-old-italian-students-make-smart-ardubike2018年5月12日、イタリアのボローニャで開かれたSchool Maker Dayで、5人の中学3年生(日本では中学2年生)が「Ardubike」を作って披露した。

IC9ボローニャ中学の教師、Luca D’Agostinoの指導のもと、この5人は30時間(週3時間ずつ)の課外授業に参加し、Ardubikeプロジェクトを進めた。

STEAM(科学、技術、工学、アート、数学)の能力を開花させて磨くことを目的に行われたこの授業では、彼らは次世代の自転車「2.0バイク」にどれだけの安全機能を加えることができるかに驚き、プロジェクトを開始した。

Read the full article on MAKE

(2018-6-29 09:30:54)

Make: Japan
テクノロジーと人をスポーツでつなぐ、YCAMスポーツハッカソン
未来の山口の運動会、当日の様子テクノロジーの普及がものづくりの場やそのプロセスを変えつつあるのと同時に、テクノロジーを人と人の生活の中に根ざすものにしようとする流れがある。テクノロジーを駆使して作られたプロダクトやサービスを使うのではなく、「食べる」や「遊ぶ」といった、人が普通に行うことにテクノロジーを活かす。全国各地に存在するファブ施設やアートセンターは、現在、後者のような活動も含めて、新しいテクノロジーに向き合っている。

Read the full article on MAKE

(2018-6-28 09:30:34)

Make: Japan
巨大なLite Brite(ネオンブライト)で子どもに戻る
20180127_161603

子どものころ、Lite Briteは最高にクールなおもちゃだと思ってた(日本では「ネオンブライト」という商品名で1969年よりバンダイから発売)。その当時も出回っていたしゃべる電子ガジェットや液晶画面を備えた高級なものに比べたら、ずっと質素なものだけど(ホームコンピューター以前のおもちゃだ)、あの光るペグに心を奪われていた。KANEKOの連中も同じ気持ちだったに違いない。彼らはインタラクティブ・スカルプチャーのベースにLite Briteを選び、Jason Webbに作ってもらった。

Read the full article on MAKE

(2018-6-27 09:00:27)

Make: Japan
ドローンセーターを着てプロフィールを公開したところデートをする相手が現れた
Maker Faireでビックリしたり楽しい気分になったりするのが、私は大好きだ。いつも、ジャイアント級のうれしいサプライズがあるが、この12年間、Maker Faireを見てきて思い出すのは、まったく予想もしていなかった、小さいけれど、よく考えられていて、主流からちょっと外れてて、まったくの別世界へ連れて行ってくれるものが多い。

昨日、Mark FrauenfelderがYouTube MakerのLaura Kampfにインタビューを行うというので待っている間、私は15分間のプレゼンテーションを見ていた。

(2018-6-25 09:30:02)

Make: Japan
[MAKE: PROJECTS]NFCタグとLEDで作った光るネイル。クレジットカードのチップも埋め込んでみた
nails-long-exp-1-1

この数十年間で、ネイルアートはかなり進化した。100年前にセルロースを使ったポリッシュが生まれ、薄いプラスティックのつけ爪が現れ、アクリルで彫刻されたネイルがいたるところで売られるようになった。そろそろテクノに走ってもいいんじゃないかな。

Baybe Doll(またの名をEmily Mitchell)は、セキュリティカンファレンスに出かけるために、ネイリストに可読データを収めた小さなデバイスをアクリルのネイルに埋め込ませた。しかし、この技術はまだ一般化されていなくて、その当時は大きくて分厚かった。

Read the full article on MAKE

(2018-6-22 10:00:28)

Make: Japan
古い車で作ったピザ窯だって?
benedetto-bufalino-pizza-oven-car-designboom-08もう走れなくなった自動車があったら、どうする? スクラップにしてパーツを取る? ニワトリ小屋にする? 卓球台なんてどうだろう。または、街灯とか? プールって手もある。こんなお馬鹿な廃車の再利用法は、フランス人アーティスト、Benedetto Bufalinoの得意技だ。そして、Bufalinoの最新作は、なんと……ピザ窯!

Design Boomには、こう書かれている。
Bufalinoは、古いフォードの窓を切り取り、シートやハンドルなどのインテリアや機械部品を取り除いた。

Read the full article on MAKE

(2018-6-19 09:30:32)

Make: Japan
イスづくりを通じて子どもたちが国際交流 ― Fab Lat Kidsが世界中でワークショップをする理由
emosilla_0512_05

ローマ在住の建築デザイナーであり、Fab Lat KidsのメンバーのIlaria La Mannaは、子どものワークショップ向けのイス「Emosilla(エモシージャ)」を開発し、世界各地でワークショップを開催している。日本では、FabLab浜松のメンバーである加藤昌和氏によって紹介され、2016年にFabLab長野で初めてのワークショップが実施された。そして今年の5月上旬、Ilariaが初来日し、各地のFabLabや小学校でワークショップやトークイベントを行った。

Read the full article on MAKE

(2018-6-13 09:00:05)

Make: Japan
卒業製作で3本脚で歩行する『インターステラー』のロボット、TARSを作った学生たち
20180509_152853-1024x768スウェーデンのヨーテボリにあるチャルマース工科大学の学生たちが、卒業製作に作るものを決めるとき、デザインが面白いものがいいと思った。歩くロボットを作りたいと彼らは考えたのだが、それはあまりにも複雑すぎた。そこで思い出したのが、映画「インターステラー」に登場する箱形のロボット、TARSだった。彼らはそれを作ることに決めた。

とは言え、本物のように完全に変形が可能で会話ができるようなものではなく、3本脚で歩行するだけのTARSを作ることになった。まずはシミュレーションからだ。

Read the full article on MAKE

(2018-6-12 09:33:49)

Make: Japan
1枚の合板から生み出されたコーヒーテーブル
rockler-plywood-challenge-6-1024x750

Jeffrey Burkeは、我ら多くの仲間たちと同様、自分の技術に自信が持てずに悩んでいる。たしかに彼はプロの木工職人なのだが、コンテストとなると、いつも自分の技術では十分でないと感じてしまう(と彼は言っている)。そんなことはないよ、Jeffrey。あんたの技術は素晴らしい。バッチリだよ!

これは、Modern Maker Podcast主催による、Rockler Plywoodチャレンジに彼が出展した作品だ。本当に素晴らしいプロジェクトがいくつも出展されているので、このブログで他の出展作品が取り上げられても不思議はない。

Read the full article on MAKE

(2018-6-11 09:30:58)

Make: Japan
「人は何かを作ることに飢えている」— 紙飛行機一本で生計を立てるプロの紙飛行機野郎、John Collinsインタビュー
john-collins-paper-airplanes-interview

紙飛行機野郎のJohn Collinsは、折り紙と航空力学を学んで、長年、紙飛行機のデザインを進化させてきた。彼の奥さんの名前をとった「Suzanne」は、2012年、226フィート10インチ(約69メートル)という距離を飛行してギネスの世界記録を更新した。

Maker Faire Bay Areaの翌週、JohnはMini Maker Faireと教育フォーラムに参加するためにリトアニアのヴァルニアスに飛んだ。

Read the full article on MAKE

(2018-6-8 09:30:34)

Make: Japan
[MAKE: PROJECTS]簡単に作れてワークショップの題材にもなるLEDイヤリング
light-room-led-earrings

お洒落なイベントに行くので、光るイヤリングを作って欲しいと友人に頼まれた。それを作るには、軽いデザインを考えないといけない。しかし、同時に私は、電池を入れなくても日常的に使えるウェアラブルなものにしたいと考えた。そこで、小さな3ボルトのボタン電池とLEDを組み合わせて、いい感じになるまで遊んでみたい。そうしてできたのが、このデザインだ。

それ以来、いろいろな人にイヤリングを作ってきた。それぞれに、異なる色やサイズのLEDを組み合わせている。

Read the full article on MAKE

(2018-6-6 10:37:43)

Make: Japan
Bunnie Huangが動画処理用開発ボードを訴訟込みでローンチ
常にイノベーションし続けるBunnie Huangが、今度は訴訟付きの(と言うか、訴訟がハードウェアにくっついた)プロジェクトを発表した。「NetTV2」は、オープンソースのFPGA開発プラットフォームだ。Bunnieはこれを、暗号化されていない動画規格を処理するために作り出した。現在このボードは、Crowd Supplyでクラウドファンディングを行っているのだが、これには訴訟が連動している。Bunnieは、電子フロンティア財団(EFF)の力を借りて提訴を行ったのだ。Bunnieはこう書いている。

(2018-6-5 09:30:43)