日経テクノロジー 新産業ビッグデータ・M2M・IoT

新産業 — 日経テクノロジーオンライン
ロボットの終活、お別れの準備に必要なこと
GROOVE X代表取締役の林要さんと、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授による対談の最終回。LOVOTが見せた「かわいい」は、米国の展示会でも大好評。新しいタイプのロボットとして、現地で大きな関心を集めた。そんなかわいい相棒とも、いつかはお別れの時がやって来る。どのようにお別れしたらいいか。ロボットにとっての輪廻転生とは何か。人とロボットの関係の未来像を2人は語り合った。
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
F1の空力設計と「かわいい」は、こうつながる
身長40cm、体重4kgほどの「LOVOT」のボディには、「かわいい」を実現するためのさまざまな技術が詰まっている。温かい体やつぶらな瞳、そして親しみを感じさせる音声…。コストを考えると、本当はもっと高価に売りたいというほどに、「かわいい」を実現する技術にこだわった理由は何か。
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
尊敬し合って互いに燃える、それが幸せな開発の秘訣
今や日本発の文化として世界共通語になった「かわいい」。その要素が満載の「LOVOT」は、デザイナーのこだわりと、それを信じて開発を進めた技術者の共同作業によって生まれた。
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
愛する対象を失った社会、技術で何ができるか
今回の「イノベーションの幸福学」のゲストは、GROOVE X 代表取締役の林要さん。F1や人型ロボット「Pepper」の開発に携わり、現在はペットのような命を感じるロボット「LOVOT(らぼっと)」で注目を集めている。このロボットには人間の幸せに深く結びつく秘密があった。
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
「英語スコア悪いと日本代表になれません」、フェンシング協会・太田雄貴会長の人材戦略
「2021年以降、英語検定で協会が定める最低スコアを満たさない選手は日本代表に選びません」――。日本人初のフェンシング競技の五輪メダリストで、現在は日本フェンシング協会会長を務める太田雄貴氏は2019年4月25日、年間活動方針の記者説明会で新制度の導入を発表した。企業ではTOEICなどの英語検定のスコアを、昇進・昇格の条件にしているところも少なくないが、スポーツ界では初の試みだ。
(1970-1-1 09:00:00)