日経テクノロジー 新産業ビッグデータ・M2M・IoT

新産業 — 日経テクノロジーオンライン
25歳でサッカークラブ社長に就任、東大出身Jリーガーの挑戦
 サッカー界に新しい風が吹こうとしている。関西サッカーリーグ1部に所属し、将来のJリーグ入りを目指す「おこしやす京都AC」の新社長に、東京大学サッカー部やJ3藤枝MYFCなどでプレーした添田隆司氏が就任することになった。
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
「協会の強化がサッカーの強化に」、JFA須原氏が語る成長戦略
 近年日本サッカー協会が積極的に取り組む改革。その旗振り役の一人が2018年3月に専務理事に就任した須原清貴氏である。これまで数々の民間企業で「プロ経営者」としてらつ腕を奮ってきた須原氏は、今、日本サッカー界に何をもたらそうとしているのか。
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
スポーツツーリズムこそ成長領域、日本は「隠れ観光資産」の宝庫
スポーツの3大要素である「観る」「する」「支える」を目的とした観光である、「スポーツツーリズム」が盛り上がりを見せている。もちろん、2019年の「ラグビーワールドカップ2019」、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック(オリパラ)」、そして2021年の「ワールドマスターズゲームズ2021関西」という国際的なイベントの3年連続開催が要因の一つだが、
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
埼玉の国際ブランドを卓球で向上、T.T彩たまの挑戦
 2018年10月24日に開幕した日本初のプロ卓球リーグ「Tリーグ」。東京・両国国技館で行われた開幕戦で、優勝候補として名高い木下マイスター東京と対戦したのが、リオデジャネイロオリンピック団体戦で銀メダルを獲得した吉村真晴選手などを擁し、木下に次ぐ強豪と目されているT.T彩たま(埼玉県)だ。このチームの代表取締役を務める柏原哲郎氏は、これまでスポーツビジネスに関わりのなかった人物である。そんな柏原氏がなぜT.T彩たまをけん引することになったのか。その経緯と、同氏が思い描くビジョンを聞いた。(聞き手:上野直彦=スポーツジャーナリスト、久我智也)
(1970-1-1 09:00:00)
新産業 — 日経テクノロジーオンライン
世界の貧困問題解決へ、スポーツ庁とビル・ゲイツ氏の財団がSDGsで提携
 スポーツ庁があのビル・ゲイツ氏とコラボ――。2018年11月9日、スポーツ庁はスポーツを通じて世界の貧困や飢餓の問題を解決する活動のために、ビル&メリンダ・ゲイツ財団(以下、ゲイツ財団)とパートナーシップを結んだと発表した。
(1970-1-1 09:00:00)