Selectbox(セレクトボックス)

Selectbox(セレクトボックス)
インサイドセールスとは?「訪問せずに受注する」営業の新しい形
本資料では、近年日本に浸透してきている「インサイドセールス」とは何か、基本からご紹介します。

訪問が当たり前とされてきた日本の商習慣を大きく変えるインサイドセールス。
今後の企業の売上や営業・マーケティングチームの成績を上げていきたいと考えている方はぜひご確認ください。

この資料では、

・インサイドセールスとは
・インサイドセールスで削減できる時間
・インサイドセールスのための仕組みづくり
・インサイドセールスに役立つツール

について説明しています。
(2019-5-14 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
【注目資料】『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』(全31ページ)
近年、最新のマイクロサービスベースのアプリケーションが普及するにつれて、コンテナは、
俊敏性、拡張性、効率的なマイクロサービスアーキテクチャを作成するための
魅力的なビルディングブロックとなっています。

本ホワイトペーパー『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』は、
AWS上でコンテナを使用してアプリケーションを実行するために必要なライフサイクル管理、
セキュリティ、およびソフトウェアデザインパターンのための指針を紹介した資料です。

コンテナを採用するためのベストプラクティスとして、
マイクロサービス設計の特徴を12要素のアプリパターンと考慮点、
実装されるべき設計パターンにまでマップする方法を解説しています。

━━━━━━━━━━━━━
ホワイトペーパーの概要
━━━━━━━━━━━━━
●資料名:『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービ…(続きは「selectbox」へ)
(2019-5-8 15:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
マーケティングにおける経験と勘をさらに生かすために
本資料では、MA時代におけるデータ分析の重要性と、効果測定のためのデータビジュアライゼーションのノウハウについて、
データ分析・可視化ツールであるOracle Analytics Cloudの活用例を紹介しながら解説します。
この資料を読むことで、
・どのようなセグメントを切り、どのようなタイミングで、どんな訴求をすればいいのかの例
・お客様に合わせてコミュニケーションを最適化するための顧客分析の方法
・MA施策の効果やサイト内導線分析を可視化する手法
・機械学習を用いて売り上げを予測する方法
について学ぶことができます。
■概要
□MA運用においてデータ分析が「前提」な理由
□RFM分析やABC分析などの手法を用いて
One to Oneコミュニケーションを実現する方法
□メールの効果を可視化して改善につなげるやり方□営業や店舗スタッフをデータドリブンにする方法
…(続きは「selectbox」へ)
(2019-4-25 00:00:00)
Selectbox(セレクトボックス)
ホワイトペーパー『サーバーレスアプリケーションレンズ AWS Well-Architected フレームワーク』
本資料は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)でサーバーレスアプリケーションを構築する実践方法をまとめた、
無料ホワイトペーパーです。

AWSでアーキテクチャを設計する際に役立つベストプラクティスの集大成、
「AWS Well-Architected フレームワーク」を参照することで、
信頼性やコストパフォーマンスの高いサーバーレスアプリケーションをクラウド上で設計することができます。
本資料は、最高技術責任者 (CTO)、設計者、開発者、および運用チームのメンバーなど、
技術分野の役割を担うあらゆる方を対象としています。
本資料では、サーバーレスアプリケーションの設計時において特に重要な、
Well-Architected フレームワークのポイントを解説し、
5つのシナリオに沿ってAWSのマネージドサービスの組み合わせ方を紹介します。

資料タイトル:
サーバ…(続きは「selectbox」へ)
(2019-4-24 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
注目資料『モダンアプリケーション開発のベストプラクティス』(全22ページ)
いまや多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを推進し、
企業が価値を提供する方法と、製品およびサービスに変更を加える速度に劇的な影響を与えています。

デジタルトランスフォーメーションの実現のために各社がしのぎを削り、
その根幹となるアプリケーションのデザイン、構築、管理の方法を変革をすることで、
迅速なイノベーションを進めています。

そこで実際に用いられているのが、「モダンアプリケーション開発」です。
チームの俊敏性、アプリケーションの信頼性、セキュリティ、
スケーラビリティの向上を実現する手法として導入が進んでいます。

しかし、モダンアプリケーション開発を導入するには、
アプリケーションのアーキテクチャ上のパターン、運用モデル、
ソフトウェアの提供プロセスを再考する必要があります。

本ホワイトペーパー『モダンアプリケーション開発のベストプラクテ…(続きは「selectbox」へ)
(2019-4-24 00:00:00)