Selectbox(セレクトボックス)

Selectbox(セレクトボックス)
【解説資料】Windows 10移行前に考えるべきサイバーセキュリティ対策とは?
こんにちは、EnterpriseZine編集部です。
Windows 10のセキュリティに関する最新のホワイトペーパーのご紹介です。

Windows 7の延長サポート終了が近づき、Windows 10への移行が進んでいます。
Windows 10ではオペレーションシステムとして、デバイスの保護やネットワーク接続保護、情報の保護・暗号化だけでなく、
仮想化ベースのセキュリティやコードの整合性検証、認証情報の保護など多様なセキュリティ対策が搭載されており
期待する方も多いのでしょう。

本ホワイトペーパーでは『外部脅威・マルウェア対策』といった 「Windows 10」搭載の機能性を振り返ると同時に、
「Windows Defender」と次世代エンドポイントセキュリティを組み合わせ活用することで得られる価値をご紹介します。

本資料をご一読いただき、Windows 1…(続きは「selectbox」へ)
(2018-10-18 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
サイバー高度化への対応、データ関連規制の準拠、データ改ざん対策……
ブロックチェーン技術でデータの非改ざん性を証明する方法とは?
高度化するセキュリティ脅威やデータ関連規制の準拠、
データ改ざん対策等に関する注目の資料のご案内です。

GDPRなど、各種データ関連規制の準拠における透明性を実現し、
高度化するセキュリティリスクを最小化しながら、
企業の重要データの整合性を保証することは企業・組織において大きな課題です。

データ保護ソリューションを提供するアクロニスでは、
同社のユーザーがデータ保護をより高度に実現するためブロックチェーン技術を使い
データが本物であることを証明する機能「Acronis Notary」を無償で提供しています。
このAcronis Notaryは、エストニアの決済公文書の改ざん監視でも利用されています。

本ホワイトペーパー『Acronis Notary ブロックチェーンベースのデータノータリゼーション(公証)』(無料PDF)は、
Acronis Notaryの…(続きは「selectbox」へ)
(2018-10-17 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
豪雨、地震…国内で猛威を振るう自然災害、企業はどう対策すべきか?
『簡単DR/BCPを実現 Acronis Data Cloud』(無料PDF)公開中!
ここ最近、国内で自然災害が猛威を振るっています。

予想を超える規模の台風や、今まで経験したことのない豪雨により「雨」が災害にも発展しています。
また、これまで予測されていない地域でも、大きな地震が発生しています。

いつどこで発生するか分からない大規模な災害に対し、
企業はビジネスを継続できるよう早急に対策を講じなければなりません。

その際に、重要なことは「企業の情報資産を的確に保護する」ということです。

本ホワイトペーパー『簡単DR/BCPを実現 Acronis Data Cloud』(無料PDF)は、
クラウドを活用した災害復旧対策(DR)や事業継続計画(BCP)の方法、DRとバックアップの違い、
データ保護を気軽に実現できる具体的なソリューションについて詳しく紹介した資料です。

ぜひ本資料をご参照いただき、企業の災害対策や安全なデータ保護の実現にお…(続きは「selectbox」へ)
(2018-10-10 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
BtoBマーケティング成功の鍵、「営業ドリブンマーケティング」とは
BtoBマーケティングを成功させる上で必ず求められる、営業部門との密な連携。
しかしながら、マーケティング部門起点で進めようとするばかりに失敗してしまう企業も多いのではないでしょうか。
本資料では、その課題を解決するため富士通が考えた、
営業部門を起点にマーケティングを行う「営業ドリブンマーケティング」について解説。
BtoBマーケティングに起きがちな2つの誤解や
「営業ドリブンマーケティング」を成功させるための具体的なロードマップなど
BtoBマーケター必見の内容が盛りだくさんとなっています。
■目次
・日本のBtoB企業が抱える
デジタルマーケティングの悩み
・最大の失敗要因は「マーケティング部門主導」の
取り組み方にあった
・Webサイトの集客は広告代理店に任せきりにしない
・並走してくれるパートナーと組むことが成功のカギ
(2018-9-26 00:00:00)
Selectbox(セレクトボックス)
顧客の離反率が8%改善!マツモトキヨシHDのオムニチャネル戦略に迫る
本資料では、マツモトキヨシHDが取り組んだオムニチャネル戦略について、同社の担当者2名にインタビュー。
IBMのツールによってデータの収集やデータベースの統合を実現し、
従来の分析業務を再構築したプロセスをご覧いただけます。

また、日本情報通信による「伴走サポート*」の一環である研修プログラムで、どう社員の分析スキルが向上したのかにも言及。
「12の分析モデルを自動化」「顧客の離反率を8%改善」といった、具体的施策にも触れています。

その他、分析基盤の構築やマーケティング施策の自動化をフェーズごとに可視化した全体図も掲載。
顧客とのタッチポイントでの分析を強化したいと考えている企業のマーケティングご担当者様、
特にマーケティング施策の自動化を目指す方にとって非常に参考となる資料です。

*伴走サポート:業務定着化をご支援するためのNI+Cオリジナルサービスメニュー…(続きは「selectbox」へ)
(2018-9-21 00:00:00)