Selectbox(セレクトボックス)

Selectbox(セレクトボックス)
ホワイトペーパー『サーバーレスアーキテクチャによる企業エコノミクスの最適化』
サーバーレスという考え方が企業に静かな広まりをみせています。

サーバーレスのメリットとは?
導入の際の検討事項とは?
サーバーレスと従来のサーバーベースの違いとは?

このホワイトペーパーでは、サーバーレスアプローチとAWSサーバーレスポートフォリオの基本を解説しています。

本書には多くの導入事例も含まており、サーバーレスアプローチを導入した既存の企業が
いかにして大きなアジリティと経済的利益を獲得しているかを紹介。

さまざまな規模の組織がサーバーレスアーキテクチャをいかに活用して、
従来よりも低いコストでイベントベースシステムを設計し、
クラウドネイティブなマイクロサービスをスピーディに提供することができたかについてもご紹介します。

●本書の構成
・はじめに
・サーバーレスアプリケーションの理解
・サーバーレスアプリケーションのユースケース
…(続きは「selectbox」へ)
(2019-2-21 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
ホワイトペーパー『Infrastructure as Code』
インフラストラクチャサービスのプロビジョニングを自動化するための
ベストプラクティスとして生まれた、Infrastructure as Code。

本ホワイトペーパーでは、Infrastructure as Codeのメリットを解説します。
アマゾン ウェブ サービスの機能を活用してDevOpsイニシアチブをサポートする方法についても説明していきます。

●本書の構成
・Infrastructure as Codeの序文
・インフラストラクチャリソースのライフサイクル
・リソースのプロビジョニング
・AWS CloudFormation
・設定管理
・Amazon EC2 Systems Manager
・AWS OpsWorks for Chef Automate
・モニタリングとパフォーマンス
・Amazon CloudWatch
・ガバナンス…(続きは「selectbox」へ)
(2019-2-21 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
SQL Server 2008をAWSに移行するには?
『AWSにMicrosoft SQL Server 2008をデプロイするためのベストプラクティス』
主要なアプリケーションの重要な情報を保持するために、
SQL Serverは多くの企業にとって欠かせない存在となっています。

企業の中には、Microsoft SQL Server 2008に基づいて構築された
レガシーなアプリケーションを使用している企業も多く存在しますが、
ご存知の通りSQL Server 2008の延長サポートは2019年7月9日で終了します。

サポートの終了により、多くの問題が発生することは間違いありませんが、
同時に、レガシーなSQLアプリケーションをモダナイズし、クラウド環境に移行する、またとない機会でもあります。

本資料『AWSにMicrosoft SQL Server 2008 をデプロイするためのベストプラクティス』は、
SQL Server 2008からAWSに移行するためのベストプラクティスを解説した資料です。

AWS…(続きは「selectbox」へ)
(2019-2-15 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
SQL Server 2008のサポート終了後の準備はできていますか?
『AWSに移行してアプリケーションをモダナイズする』(全31ページ)
アプリケーションをクラウドに移行することはビジネス上避けられない要素となりました。

レガシーなアプリケーションの管理は高額なため利益が削減されてしまい、通常、ビジネスへの付加価値もありません。
しかし、クラウドへの移行を選択すると、組織の価値あるリソースを保護して
時間のかかるタスクやコストを削減し、効率性が高まります。

ご存知のように、今年の2019年7月9日にSQL Server 2008および2008 R2の延長サポートが終了します。

企業のシステム担当者は、現在稼働しているSQL Server 2008だけではなく、
中長期的な観点からIT戦略全体を確認、評価し、合理的に考慮することが求められます。

その際、選択肢としてクラウドへの移行を検討、推進している企業が増加しています。
クラウド移行により、ビジネスは俊敏に拡張できるようになります。
移行は…(続きは「selectbox」へ)
(2019-2-15 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
見直されるメールの重要性
「リードナーチャリング」を成功に導くポイントとは?
今、米国ではリードナーチャリングの手段として「メール」の有用性が見直されています。

米調査会社Forrest Researchのレポートによると、
米国企業のメールマーケティングへの投資額は、2021年まで増加が続くと予測されているのです。

この事実は、メルマガの開封率の低さに悩む日本企業にとっては
意外な結果なのではないでしょうか。

実は、米国でも2016年までは
メールによるキャンペーン施策のほとんどが失敗だったといいます。
にもかかわらず、今「メール」の有用性が見直されているのはなぜなのでしょうか。

本資料では国内外の調査結果を踏まえ、
その理由と、メール施策を成功に導くポイントを解説していきます。

【内容】============================================
・BtoB企業におけるリードナーチャリングの現…(続きは「selectbox」へ)
(2019-2-7 00:00:00)