Selectbox(セレクトボックス)

Selectbox(セレクトボックス)
リアルとデジタルの境目をなくし、最適な顧客体験を創造する方法は?
「一貫性のある顧客体験」への期待は高まる一方、その実現は簡単ではありません。

デジタル時代、さらにはこれから本格化するIoT時代にも対応する最適な顧客体験の創造に向けて、
マーケターの皆さんにおすすめの資料が、アドビ システムズ作成の
「一部と全部:それぞれの瞬間を優れた体験へまとめあげるには」です。

同資料では、シームレスな顧客体験を創出する方法について、ポイントを押さえて解説。
また、リアルとデジタルの境目をなくす取り組みをしている先進企業5社の事例紹介などもあり、
理想的な顧客体験を考えることができます。

現状の改善と、近い将来への備えに、ぜひご活用ください。

【内容】==============================
□顧客体験に期待されていること
・連続性のある顧客体験とは?
・進行するチャネルの多様化
□成熟した顧客体験創造のた…(続きは「selectbox」へ)
(2018-11-26 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
あの有名アプリの制作実績を元に伝授!オムニチャネルアプリ導入後5つの悩みと解決方法
本資料は、オムニチャネルアプリの制作実績を多数持つランチェスター社によるebookです。

ランチェスターは、2007年創業の、オンワード、パタゴニア、SHEL’TTER PASS、ことりっぷといった
皆さんのスマホにも入っているであろう有名アプリの制作実績を持つ企業です。
有名企業のオムニチャネルアプリの制作ノウハウを詰め込み、
パッケージとフルスクラッチの「いいとこ取り」を実現したアプリ制作パッケージ「EAP」を
2017年11月から提供しています。
EAPは、Engagement Application Platformの頭文字をとったもの。
ファッションAIなどの新しいテクノロジーの導入や、MAなど外部システムと連携することで、
パーソナライズされた1to1のコミュニケーションを実現可能にしています。

このebookでは、その豊富な経験から、オムニチャネルア…(続きは「selectbox」へ)
(2018-11-15 00:00:00)

Selectbox(セレクトボックス)
経営幹部に必要な「アナリティクスライフサイクル」の知見をケーススタディで学ぶ!
企業経営にとって欠かせない「アナリティクス」ですが、
経営幹部にとっては専門部署やデータサイエンティストに“任せておけばいいこと”になっていませんか?
本資料には、経営幹部がアナリティクスを経営戦略に組み込むために必要な知見が、多く記載されています。
具体的には、
・無料オンラインゲームの提供する企業における活用事例
・バケーション向けレンタル予約サイトにおける活用事例
・グローバル製造企業のイノベーション担当役員へのインタビュー
・データサイエンティストの採用・雇用維持に向けた施策
・アナリティクスを経営に活かすためのプラットフォームの紹介
などを、“データサイエンティストではない”経営幹部、もしくは経営幹部予備軍である方々にとって、わかりやすくまとめられた資料となります。
【資料概要】
=============…(続きは「selectbox」へ)
(2018-11-13 13:00:00)
Selectbox(セレクトボックス)
競争優位性を勝ち取る「顧客体験戦略」とは――ビジネスリーダー560人に聞く“リアルタイム顧客分析”の効果
「現代の消費者は、すべてが『今』という世界に存在しており、常にパーソナライズされたやり取りを求めています」
マッキンゼー・アンド・カンパニーのジェフ・ジェイコブス氏はこう話しています。
このような時代に企業が収益を上げていくためには、顧客を維持し、ロイヤルティを高めていかなければなりません。
そこで有効になってくるのが「リアルタイム・アナリティクス」です。オンライン/オフラインから集まる顧客データを分析し、顧客のインサイトを抽出。それを活用して、最適な顧客体験を提供していく必要があるのです。
SAS、Intel、Accentureは、ハーバードビジネスレビュー アナリティクスサービスと共同で560人の経営幹部、管理職を対象に調査を行いました。
顧客経験向上のために「リアルタイム・アナリティクス」を導入している企業は、どのようにして高度な顧客データ分析を行っているのでしょうか。…(続きは「selectbox」へ)
(2018-11-13 13:00:00)
Selectbox(セレクトボックス)
ホワイトペーパー「オープン・エコシステムにおいてSASを利用する利点」
データ分析の業務は、部署ごとに担当者が自分好みの商用ソフトウェア、クラウドサービス、オープンソースのツールなどを利用し、サイロ化していることが多いのではないでしょうか。
これは個々の範囲で満足度や効率性が高い一方で、コンプライアンスや部門をまたいだ業務改善、ひいては組織全体での価値創出を実現する上で大きな支障が生じます。
本資料では、そのような課題を解決するSASの包括的な統合アナリティクス・プラットフォームについて、導入効果や、昨今存在感を増しつつあるオープンソース・テクノロジーとの親和性・メリットなどについて詳しく解説しています。
【目次】
・アナリティクス資産を一元管理する必要性
・今日のコンピューティング環境におけるオープンソースの活用状況
オープンソース・テクノロジーは「全社規模のアナリティクス」に関する
・ニーズや要件に適合するのか?
・SASとオープンソー…(続きは「selectbox」へ)
(2018-11-13 13:00:00)