CAREERZine

BizZine
好きがつながるとき、人生がひらく。YAMAP代表 春山慶彦の山と道

東京・八重洲で「東京と地方を結び新たな可能性を開いていく」をテーマに多くの共創を生み出しているコワーキングスペース「ダイアゴナルラン」。福岡銀行をはじめとする「ふくおかファイナンシャルグループ」が中心となって、ワークスペースを活用したオープンなビジネスプラットフォームづくりを進めている。
その取り組みの一つが「ななめの学校/DIAGONAL LEARN」だ。第三回は、登山アプリ開発ベンチャー「YAMAP」で代表を務める春山慶彦さんが登場。コピーライター/クリエイティブディレクターの中村直史さんのファシリテートで、「好き」を事業化した経緯について語った。

(2018-4-27 07:00:00)

BizZine
シェフラー、ハノーバーメッセでインダストリー4.0を紹介、戦略ビジネスセンター新設も発表

 シェフラーは、4月23日~27日に開催中のハノーバーメッセで、ドライブ技術や物流、地域インフラの各アプリケーションに合わせてカスタマイズした実施済みのプロジェクトを用いて、4.0ソリューションについて紹介する。同時に、インダストリー4.0のために戦略ビジネスセクターを新設することを発表した。

(2018-4-26 13:45:00)

BizZine
「渋谷未来デザイン」設立、渋谷区長、夏野剛氏、林千晶氏他アドバイザリが集結

「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」が2016年に策定した基本構想に沿って、産官学民連携組織の「一般社団法人渋谷未来デザイン」が設立され、4月25日に主要メンバーとアドバイザリによる会見がおこなわれた。

(2018-4-26 13:00:00)

BizZine
消費の主体者を生物進化の視点から捉える「サピエンス消費」、4つの「進化本能モジュール」とは何か?

 物が売れない時代と言われ、一方で刹那的な消費行動も目立つ昨今、「今」だけに囚われず、約20万年に及ぶホモ・サピエンスの歴史を紐解き、「進化本能」に基づく人間理解をもとに消費を読み解こうという機運が高まっているという。進化における自らの遺伝子の生存に有利になるような「心の動き=本能」を鍵とする「サピエンス消費」とは何か、どのようにビジネスに活かせるのか。株式会社クロス・マーケティング クロスラボ 主席研究員の水師 裕氏、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント 取締役の橋本紀子氏による講演をお届けする。

(2018-4-26 08:00:00)

BizZine
「デザインスプリント」の“実は注目すべき大きな効果”とは──会議が多い企業の利益は減少する

 前回の記事で、デザインスプリントという方法論の詳細を紹介した。サービスデザインシンキングの考え方をベースとしたこの新しいプロセスは、チームが数日間でイシュー(本質的な論点)を特定し、解決策を見出し、アイディアをユーザとともにテストする一助となる。また、Hivelab Japanが提供するSDSプログラム、Google Venturesから始まったオープンソース型のサービスデザインスプリントプログラムの違いについても比較を行った。<br/>
 今回は、たくさんの業務をこなす日本の人々の働き方について考察し、そのうえで創造的な従業員を育ているにはどうすべきかをお伝えしたい。また、Hivelabグローバルが持つ世界各国の事例と、東芝、ソフトバンクといった日本企業における事例について、企業内でのSDSプログラムの活用事例を紹介したいと思う。

(2018-4-26 07:00:00)