クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)

クーリエ・ジャポン
中国の人たちはあの事件で「やっぱり日本の男は好色だ」と思った──
膨大な中国メディアの報道から日本メディアには出てこない深層を読み解く森裕子氏による「今月の中国ニュース深読み」。財務省事務次官のセクハラ疑惑に限らず、日本の「#MeToo」案件で中国は大盛り上がりだが、自分たちはどうなのか、というと──。日本ではそれが挨拶の言葉なの?最近の中国では、日本へ旅行する人たちが急増したこともあり、日本に関するニュートラルな報道が増えている。とはいえ当然ながら日本の悪いニ
(2018-4-22 22:00:47)
クーリエ・ジャポン
英語でアクティブラーニングは効果ある? 現役学生たちに聞く|嶋内佐絵「日本人と英語教育」(2)
日韓の大学における「英語プログラム」を比較しつつ、その文脈やいくつかの型を概観した第1回に続き、今回は、最近よく耳にする「英語によるアクティブラーニング」の実践現場から、学生たちに聞く──。関連記事 ▶︎ 「日本人より韓国人のほうが英語ができる」のか?「英語によるアクティブラーニング」とは?21世紀は、「知識基盤社会」であると言われている。それは文字通り、知識や情報が大きな役割を果たす社会だ。だが
(2018-4-22 19:00:13)
クーリエ・ジャポン
「海外で暮らしてみたい」あなたに、世界中の先輩方が“とっておき”を教えます!
クーリエ・ジャポン発の新たなブログプロジェクト「EXPAT by COURRiER Japon(エクスパット・バイ・クーリエ・ジャポン)海外で暮らしてみたら」大好評です!次々と多くの方が執筆者に加わってくださり、現在は20都市から「海外で働く日本人」が情報を発信中。街の魅力は、移住の準備は、出会いの場は、ぶっちゃけ「言葉の壁」はどうしているのか……。起業したり、社会貢献したり、現地で働いているから
(2018-4-22 16:30:30)
クーリエ・ジャポン
南北首脳会談目前に、北朝鮮から「核」が消えた?|「水かけ姫」の罵声も話題に
68年も続いてしまった戦争は「終戦」できないのか。国内では、与野党の、そして巨大企業内での暗闘が、終わる気配を見せていない。動き続ける情勢を掘り下げる金香清氏の「コリア・ニュース・ブリーフ」をお届けする。朝鮮戦争に「終戦」が訪れる?2018年4月18日、韓国の大統領府である青瓦台の高官が記者団に対して「朝鮮半島の休戦協定体制を平和体制に変える方法と、その可能性を検討している」とし、終戦宣言が南北首
(2018-4-22 14:47:53)
クーリエ・ジャポン
夜行列車のように流れるブラック・カナディアンの歴史|カナダ広いなどこまでなのかな(その7)
ケベックと「それ以外」という2つの国朝食には果物しか食べないこの保守党の政治家は、カナダ連邦としてすべての州が一体であることの重要性を心から信じている。彼は言う。「現実的に考えて、すべてを単独でやることはできませんからね」「カナダを束ねるものとは何でしょうか? いまのところ国旗によって1つにまとまっているようです。実情は、ケベックとそれ以外という2つの国ですが。いまはまだ、殴り合うことなく健全にこ
(2018-4-22 11:30:42)