Technology

TechCrunch Japan
ニューヨーク州司法長官、FCCのネット中立性決議に複数州での反対訴訟を表明
 ニューヨーク州司法長官でFCCのネット中立化法廃止に先陣を切って反対しているエリック・シュナイダーマンは、物議をかもしている同委員会の決議に対し、最初の法的対抗策のひとつを前進させた。 Read More
(2017-12-16 12:01:38)
TechCrunch Japan
Amazon Alexaが指定した都市で流行っている曲や今の曲と似た曲をかけてくれる
 AmazonのAlexaが、“Local Popularity”と名付けた新しい機能により、各都市で今流行っている曲をかけてくれる。Amazon EchoなどのAlexaデバイスに、“top songs in Los Angeles”とか“hits in… Read More
(2017-12-16 11:53:35)
TechCrunch Japan
携帯電話/スマートフォンを体に近づけてはいけない、とカリフォルニア州公衆衛生局が警告
 カリフォルニア州公衆衛生局(California Department of Public Health,… Read More
(2017-12-16 11:01:41)
TechCrunch Japan
Googleがライトビームを使うインターネット接続をインド農村部で展開
 Googleは、世界中の農村部がインターネットに接続できるために、ライトビーム(light beam(s), 光線)を使う方法を準備している。今日の発表では、その展開はまずインドから、となる。 Read More
(2017-12-15 18:52:22)
TechCrunch Japan
Alibabaは間もなく巨大な自動販売機で車を売り始める
 先週Alibabaは、中国国内でのFordの電気自動車販売を手伝う契約を結んだことを発表したが、大手メーカーの名前が挙げられたことの他に、その発表で最も興味深かったのは提案された販売用の自動販売機だった。そしてそれがどのようなものになるのかが、いま明らかになった。… Read More
(2017-12-15 18:31:55)
TechCrunch Japan
通信会社とテクノロジー企業たちによる、FCCによるネット中立性破棄の投票結果に対する反応
 FCCは、2015年のOpen Internet… Read More
(2017-12-15 16:51:21)
TechCrunch Japan
レシピ動画の「クラシル」が1000万ダウンロード突破、サービス開始から2年弱
 レシピ動画サービス「kurashiru(クラシル)」を運営するdelyは12月15日、同アプリのダウンロード数が12月で1000万ダウンロードを突破したことを明らかにした。… Read More
(2017-12-15 16:19:18)
EnterpriseZine:新着一覧
Aruba、360度全方位型セキュリティ・フレームワーク「Aruba 360 Secure Fabric」を国内展開
 Arubaは、新しいセキュリティ・フレームワーク「Aruba 360 Secure Fabric」について、日本での本格展開を開始したことを発表した。「Aruba 360 Secure Fabric」は、企業のセキュリティおよびIT部門が、巧妙化する多様なサイバー攻撃を迅速に検出し、対応していくための統合的なツールを備えた、マルチベンダー対応の360度全方位型セキュリティ・フレームワークだという。
(2017-12-15 15:30:00)
EnterpriseZine:新着一覧
FutureOne、災害による基幹業務データ完全消失を防止するサービス「CloudBackup」を提供
 FutureOneは、「InfiniOne」「FUTUREONE」シリーズの基幹業務システムを対象に、データをクラウドストレージへバックアップする新サポートサービス「FutureOne CloudBackup」の提供を12月から開始したことを発表した。
(2017-12-15 15:00:00)
EnterpriseZine:新着一覧
ライムライト・ネットワークス、DDoS攻撃対策サービス「DDoS Attack Interceptor」最新版を提供
 ライムライト・ネットワークス・ジャパンは、「DDoS Attack Interceptor」の最新版を発表した。このサービスは、セキュリティ要件の変更に対応して保護を容易に提供する機能を加え、ネットワーク上の大容量スクラビングと、スケーラブルなWebインフラの保護手段を提供するという。
(2017-12-15 14:45:00)
CodeZine:新着一覧
現場で実践を続けるエンジニアが語った「AIのビジネス活用」を加速するための処方箋

 近年、機械学習やディープラーニングといったAI(人工知能)関連のテクノロジーが注目を集めており、多くの企業が、これらの技術を実際の製品やサービスへ適用する方法を模索している。今回、Yahoo! JAPANとリクルートグループという国内有数の「ビッグデータ」を抱える企業において、データサイエンスのビジネス活用に取り組んできた2人のエンジニア、Yahoo! JAPANの石川貴大氏とリクルートテクノロジーズの石川信行氏に、AIを企業へ根付かせていくプロセスについて語ってもらった。データ解析の有用性を現場に理解してもらい、AIを広く展開していくために有効なやり方はどのようなものかを考えるにあたり、彼らエキスパートの経験に基づくノウハウは大いに参考になるのではないだろうか。

(2017-12-15 14:00:00)

CodeZine:新着一覧
【編集部より】コミケ93での技術系同人誌の情報を募集します、後日に紹介記事を掲載予定(12/21まで)

 CodeZineでは、コミケ87~92に引き続き、コミケ93での技術系同人誌の紹介企画を実施します。技術系の同人誌を頒布予定のサークルさんは、ぜひ情報をお寄せ下さい。

(2017-12-15 14:00:00)

TechCrunch Japan
Canaryの防犯カメラがやっと人を識別する、ネコやウサギのいる部屋に置いても大丈夫
 家庭用セキュリティカメラCanaryの全機種に、やっと待望の、人を識別する機能がついた。しばらくベータでテストしていたその機能は、今後6週間かけて既存の顧客全員に行き渡る。 AIと機械学習を組み合わせたその機能、“Canary… Read More
(2017-12-15 13:36:13)
ITmedia NEWS 科学・テクノロジー 最新記事一覧
色を音に変換 色覚障害の男性、頭蓋骨に“アンテナ”付け音楽奏でる

色覚障害があるニール・ハービソン氏が初来日。新たなアートの可能性を提示した。

(2017-12-15 12:03:00)

TechCrunch Japan
Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B
 誰もが容易に自分のWebサイトを作れる、いわゆるWebサイトビルダーSquarespaceは、創業から14年の老舗だが、今General… Read More
(2017-12-15 11:58:41)
@IT Coding Edgeフォーラム 最新記事一覧
社会人および学生が対象――日本IBMと金沢工業大学、AI人材育成プログラムを開講

金沢工業大学は、AI人材育成のための社会人向け教育コース「AI ビジネスエンジニアリングプログラム」を同大学の虎ノ門大学院で2018年春に開講する。日本IBMが教育用コンテンツを開発する他、専門性の高い講師を派遣する。

(2017-12-15 11:00:00)

TechCrunch Japan
外出先などでモバイルからVCSのリポジトリを管理できるAssemblaのiOSアプリ
Read More
(2017-12-15 10:24:09)
BizZine
硬直化したシステムを解体する「弁証法」、依存先を増やす「反脆弱性」という態度
 本シリーズでは、2007年の創業時から新しい経営方法を追求してきたダイヤモンドメディア株式会社の武井浩三代表取締役と、イノベーティブで協働的な組織のあり方とその実践について研究を行う宇田川元一氏(埼玉大学 准教授)が、これからの組織とそこに近づく方法について様々な方と語り合う。今回は著書、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』が話題の山口周氏を迎えた。全4回中3回目の本記事では、歴史を知ることが美意識に及ぼす影響が語られた。
(2017-12-15 07:00:00)
CodeZine:新着一覧
初心者がC#の文法を網羅的に学べる『独習C#』の最新版が登場! C# 7.1に対応した完全書き下ろし

 アプリケーション開発を得意とするC#。Xamarinなどの登場で改めて脚光が浴びる中、定番の教科書として読まれてきた『独習C#』の完全書き下ろし新版が12月15日に発売となりました。C#の文法をきっちり学びたい方にお勧めの入門書です。

(2017-12-15 07:00:00)

EnterpriseZine:新着一覧
リブランドに動きだしたDb2-Common SQL Engineコンセプトについて訊いた
 豊富なソフトウェアのプロダクト資産を持つIBMがデータベースの中心としてのDb2をリブランドに動き始めている。そんな中で元Db2の開発部門やオファリングマネージャーを歴任してきたMike Winer氏にインタビューをする機会に恵まれたので色々聞いてみた。
(2017-12-15 06:00:00)
EnterpriseZine:新着一覧
セキュリティ担当者は何に警戒し、準備しておくべきか?シマンテックが予測する2018年セキュリティ動向のポイント
 シマンテックは2017年に起きたセキュリティ事例などから2018年以降の動向を10個のポイントにまとめた。企業セキュリティ担当者は何に警戒し、準備しておくべきか。同社マネージドセキュリティサービス日本統括 滝口博昭氏が解説した。
(2017-12-15 06:00:00)
EnterpriseZine:新着一覧
デジタルネイティブ企業(DNE)への変革の年に――IDCが2018年国内IT市場の主要10項目を発表
 IDC Japanは、2018年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。
(2017-12-14 17:30:00)
EnterpriseZine:新着一覧
ラック、企業の「Windows 10」PC向けにセキュリティ被害を検知して対応する常時監視サービスを発表
 ラックは、企業のパソコンを狙うサイバー攻撃を常時監視し、被害発生時には遠隔からインシデント対応の支援をする「マネージドEDRサービス」を、2018年1月からマイクロソフト社の「Windows Defender Advanced Threat Protection(Windows Defender ATP)」を利用する企業向けに提供する。
(2017-12-14 16:45:00)
EnterpriseZine:新着一覧
アシスト、製品構成やオプション組み合わせを正確に判定する「AEDAN for コンフィギュレータ」を提供開始
 アシストは、ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(えいだん:Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN)」の業務適用ソリューションとして、製品やサービスの構成、オプションとの組み合わせ検証を自動化する「AEDAN for コンフィギュレータ」ソリューションの提供を開始すると発表した。
(2017-12-14 16:15:00)
EnterpriseZine:新着一覧
トーマツ、クラウドベースのリスク分析サービス「リスクアナリティクス オン クラウド」を発表
 トーマツは、国内監査法人初となるクラウドベースのリスク分析サービス「リスクアナリティクス オン クラウド(Risk Analytics on Cloud)」を2018年2月に提供開始すると発表した。このサービスにより、データを活用したリスク管理に課題を持つ企業は効率的にリスク評価ができ、新たなリスクへの適時・適切な対応が期待できるとしている。
(2017-12-14 16:00:00)
EnterpriseZine:新着一覧
マルチクラウドやDevOpsに注力し新収益モデル確立へ―F5、新社長の権田氏が事業戦略を説明
 F5ネットワークスジャパンは12月13日、事業戦略説明会を開いた。10月1日付で同社社長に就任した権田祐一氏が登壇。主力事業として展開する負荷分散装置やADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラー)などのハードウェア販売事業モデルを改め、今後はマルチクラウドやDevOpsに注力し新たな収益モデルを確立する方針を示した。
(2017-12-14 15:58:00)
EnterpriseZine:新着一覧
EMCジャパン、EU一般データ保護規則対応を加えた「RSA Archer Suite 6.3」日本語版を発売
 EMCジャパンは、GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)プラットフォーム「RSA Archer Suite」について、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)を含むプライバシーコンプライアンスへの対応用ユースケースを加えた最新バージョン「RSA Archer Suite v6.3」を2月1日から発売すると発表した。
(2017-12-14 15:30:00)
EnterpriseZine:新着一覧
CTC、Skyhigh社のクラウド向けセキュリティソリューション「Skyhigh SC」を販売開始
 伊藤忠テクノソリューションズは、米Skyhigh Networks社が提供するクラウドサービス専用セキュリティソリューション「Skyhigh Security Cloud(Skyhigh SC)」の販売と、「Skyhigh SC」の機能を利用したOffice 365向けセキュリティソリューション「セキュリティ plus for Office 365」の提供を12月14日から開始すると発表した。
(2017-12-14 15:00:00)
EnterpriseZine:新着一覧
NEC・日立・富士通、「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を開始
 NEC、日立、富士通の3社は、実践的なスキル・ノウハウを持つセキュリティ技術者の育成を目的として、サイバー攻撃に対する防御などの訓練を行うための演習基盤システム(サイバーレンジ)を含む教育プログラムの確立を視野に入れた「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足し、12月14日から活動を開始すると発表した。
(2017-12-14 14:45:00)
@IT Server & Storageフォーラム 最新記事一覧
PR: 日本生命保険が、40年以上にわたりIBMメインフレームを活用し、最新モデル「IBM z14」を採用した理由

日本生命保険は40年以上にわたりIBMメインフレーム活用してきた。40年の間でどのような課題があり、IBMメインフレームがどう解決してきたのか。そして、このたび、最新モデルである「IBM z14」を採用したという。本稿では、その理由と今後のIT活用の展望について、日本生命のITを支えるニッセイ情報テクノロジーと日本IBMに聞いた。

(2017-12-14 10:00:00)