GIGAZINE

GIGAZINE
Nintendo Switchの全身でロボットを操縦できる「Robot Kit」で、自分好みにロボットをカスタマイズできる「ガレージ」を遊んでみた

段ボール製パーツを組み立てて遊ぶNintendo Switch用コントローラー「ロボットToy-Con」が作れる「Robot Kit」には専用ゲームが付属しており、その中で手作りのロボットToy-Conを使って全身を動かすことでロボットを操るゲームをプレイすることができます。操作するロボットはプレイすればするほど、ドンドン特殊なアクションを身につけていくのですが、「赤いロボットしか乗りたくない」など、初期状態のロボットの見た目に不満を抱く人も少なくないはず。そんなロボットへのこだわりが強い人にピッタリなモード「ガレージ」がRobot Kitには用意されており、自分が搭乗するロボットを好みの見た目にカスタムできるようになっています。

続きを読む…

(2018-4-21 13:13:00)

GIGAZINE
Nintendo Switch×段ボール製釣りざおで想像以上にリアルな海釣りが体験可能な「つりToy-Con」

段ボールでNintendo Switchの周辺機器を作り、作りながら構造を理解し、実際にその周辺機器を使って遊ぶという新しい遊びの形を体験できる「Nintedo Labo」が2018年4月20日(金)に発売されました。「Nintendo Labo Variety Kit」に含まれている「つりToy-Con」は、段ボールで伸縮自在の釣りざおを作り、リールとヒモを使った体感型釣りゲームが遊べるとのことで、実際に組み立てて遊んでみました。

続きを読む…

(2018-4-21 12:15:00)

GIGAZINE
他人のiPhoneに「Hey Siri」と話しかけても反応しないのは機械学習によって誰が話しているのかを聞き分けているため

「Hey Siri」はiPhone向かって「Hey Siri」と話しかけるだけでSiriを起動してくれ、ハンズフリーで音声入力を開始できる機能です。全員が同じフレーズを使用しているのですが、Siriが他人の声で起動してしまうことはあまりありません。その理由は「機械学習によって持ち主の声を認識する技術が使われている」ことにあるとAppleの公式ブログに書かれていました。

続きを読む…

(2018-4-21 12:00:00)

GIGAZINE
気候変動により「気候の分かれ目」とされていたラインがどんどん東へと移動している

北アメリカ大陸の中西部には、南北へ広がる広大な台地上の平原「グレートプレーンズ」があります。グレートプレーンズの東端と長年言われ続けてきたのが、ちょうどアメリカ合衆国を東西に分断するように引かれた「西経100度」のラインであり、乾燥したアメリカ西部と湿ったアメリカ東部を区別する、「気候の分かれ目」とされてきました。「気候の分かれ目」とされてきました。近年盛んな気候変動により、この「気候の分かれ目」が東へと移動していると報じられています。

続きを読む…

(2018-4-21 09:00:00)

GIGAZINE
Nintendo Switchと段ボールの鍵盤を組み合わせて5種類の音色を奏でられる「ピアノToy-Con」を作ってみました

「つくる・あそぶ・わかる」をコンセプトに、段ボールでNintendo Switchの周辺機器を自作してあそぶ「Nintendo Labo」のVariety KitとRobot Kitが2018年4月20日(金)に発売されました。Variety Kitに含まれる「ピアノToy-Con」はNintendo Switchをミニピアノに改造できるとのことで、実際に組み立ててみました。

続きを読む…

(2018-4-20 23:15:00)