バス型トポロジ

気になるネットワーク用語になります。
 
【バス型トポロジ】
 
軸となる一本のケーブルにノードを接続する。バスの端にターミネータが取り付けられる。ターミネータによってケーブルの端に到達した電気信号が反射して跳ね返り、ネットワーク内でエラーが発生するのを防ぐ