コートジボワール共和国

コートジボワール共和国

『コートジボワール』より : コートジボワール共和国 République de Côte d’Ivoire 国の標語:Union, Discipline, Travail(フランス語: 統一、規律、労働) 国歌:アビジャンの歌 コートジボワールの位置 コートジボワール共和国(コートジボワールきょうわこく)、通称コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家。東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はヤムスクロ(ただし、実質上の首都機能は旧首都のアビジャンが担っている)。かつて日本では「象牙海岸共和国」と呼ばれていたが、後述の理由から現在は用いられない。 独立後、親仏政策の下でイボワールの奇跡(英: Ivorian miracle)と呼ばれる高度経済成長を達成したが、1990年代の政治不安の後、2002年には第1次コートジボワール内戦が勃発したほか、2010年の大統領選挙の結果をめぐり4ヶ月間も混乱が生じた(第2次コートジボワール内戦)。

BY WIKIPEDIA