オランダ王国

オランダ王国

『オランダ』より : オランダ王国(オランダおうこく、オランダ語: Koninkrijk der Nederlanden〔コーニンクレイク・デル・ネーデルランデン〕、フリジア語: Keninkryk fan de Nederlannen、パピアメント語: Reino Hulandes)は、西ヨーロッパおよびカリブに領土を有する主権国家・立憲君主国である。王国の4つの地域であるアルバ、オランダ、キュラソー、シント・マールテンはそれぞれ国(蘭: landen)と呼ばれ、王国内のパートナーとして互いに対等な立場で王国を構成している。オランダは、カリブの3つの特別自治体を除いてヨーロッパに位置しており本土部分のみを指す場合は「ヨーロッパ・オランダ」と呼ばれる。 オランダ王国は1813年のナポレオン帝国の崩壊にその起源がある。この年、オランダは再び自由を得て、オラニエおよびナッサウ公ウィレムを君主としたネーデルラント公国が宣言された。南ネーデルラント(おおよそ現在のベルギーおよびルクセンブルク)との再統一は1814年に決定された。

BY WIKIPEDIA