VDT症候群

VDT症候群

VDT症候群(ブイ・ディー・ティーしょうこうぐん、英語:Visual Display Terminal Syndrome)とは、コンピュータのディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal、VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことである。別名テクノストレス眼症とも呼ばれる。 主な症状 目の症状 – ドライアイ、充血、視力低下、目の疲れなど。 体の症状 – 首、腰、肩のこり、だるさ、痛み、慢性化すると背中の痛み、手指のしびれなど。 心の症状 – 食欲減退、イライラ、不安感、抑うつ症状など。 予防法 長時間の作業を行う際には1時間に10分程度の適度な休息を取り、軽い体操をして体をほぐしたり、遠くの景色を見て眼の疲れを取るなどするとよい。作業環境も非常に重要で、ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングしたり、また反射光を抑えるフィルターを装着することも有効である。

BY WIKIPEDIA