酸欠

酸欠

酸欠(さんけつ)とは、酸素が欠乏することである。 地下室、地下の建設現場、密閉した室内、タンク、洞穴、深いくぼ地等では、何らかの理由で空気中の酸素量が極端に少なくなっていることがあり、そうした空間に人が気づかぬまま入ってしまい酸素欠乏症を引き起こすことがある。 河川や海で赤潮が発生するなどの理由で酸欠が生じ魚が大量死することもある。 酸素欠乏症 化学 (化学の領域では)物質の酸化などにより空気中の酸素量や水中の溶存酸素量が減少することを「酸欠」と言う。 酸化反応の種類にも拠るが、燃焼などの化学反応においては、、一定限度に満たない酸素濃度の環境下で、反応が停止してしまった場合に「酸欠状態になった」と表現する。 脚注 関連項目 窒息 一酸化炭素中毒 労働災害 酸化 不完全燃焼 貧酸素水塊 酸欠空気 酸素欠乏症 低酸素症。

BY WIKIPEDIA