『イボ』より : イボ(疣)とは、皮膚にできる出来物である。 出来物の内、小型のドーム状に盛り上がった腫瘤をいう。 ヒトパピローマウイルス感染によってできる腫瘤をいう。疣贅(ゆうぜい)と同義で、一般的にウイルス性疣贅という。 小型のドーム状の腫瘤 種類 魚の目(別名・鶏眼) 老人性角化腫(別名・老人性疣贅・老人性疣) 伝染性軟属腫(別名・水疣) 水痘(別名・水ぼうそう) フォアダイス(陰部の脂肪粒。無害である) 治療 それぞれ経過・治療が異なるため、内部リンクを参照のこと。 疣贅 ヒトパピローマウイルスが100種類以上あり、ウイルスの種類によって症状が異なる。 分類 尋常性疣贅(一般的に手足や顔にできる疣) ヒトパピローマウイルス2型・27型・57型の感染で生じる。自分で削ったりいじったりすることでもどんどん増殖し、放っておいてもどんどん増えるために後述のような治療が行われる。 足底疣贅(足の裏にできる疣) 魚の目に似ているミルメシアがあり、ヒトパピローマウイルス1型の感染で生じる。

BY WIKIPEDIA