歯糞

歯糞

『歯垢』より : 歯垢(しこう、Dental plaque)とは、一般に歯牙表面に付着した黄白色を帯びた粘着性の物体のことを指す。厳密には歯牙との接触面は獲得被膜ペリクルと呼ばれる被膜で覆われており、その上に形成されたものが歯垢である。デンタルプラーク、また単にプラークと呼ばれている。俗に歯屎(歯糞、はくそ)、歯滓(はかす)とも呼ばれる。近年、バイオフィルムとして認識されるようになった。 歯垢 歯垢は、その組成の8割が水分、残り2割が有機質であるといわれている。有機質の大半は、細菌(口腔常在菌)とその代謝物であり、口腔内の清掃状態によって細菌が変化し、歯周病や齲蝕など様々な疾患の原因となる他、口臭等を誘発する事が知られている。 口腔内の歯垢の分布は、歯垢染色剤によって容易に調べることができる。 歯石 歯垢が石灰化して、歯牙表面に張り付いたものを歯石と呼ぶ。歯垢の間は歯ブラシやデンタルフロスなどによる口腔清掃によって大部分を除去できるが、歯石となると歯科医院等でなければ取ることは難しい。

BY WIKIPEDIA