乗り物酔い

乗り物酔い

乗り物酔い(のりものよい、英: motion sickness、独: Bewegungskrankheit)とは、航空機・列車・自動車・船舶・遊園地の遊具など、各種の乗り物が発する揺れなどの加速度によって、体の内耳にある三半規管が刺激されることで起こる身体の諸症状である。 乗り物酔いとは、乗り物の揺れや加速・減速などの加速度によって三半規管が刺激されることで起こる、自律神経の失調状態である。学問的には動揺病あるいは加速度病と呼ばれる。 ヒポクラテスの時代から知られる病態であり、平安時代の書物の中でも牛車で乗り物酔いを起こす貴族の姿が描かれている。19世紀になって蒸気船が普及するようになり、帆船の時代には目立たなかった船酔いが深刻な社会問題となった。帆船は帆が横揺れを抑え、船を安定させる役割を果たしていたが、蒸気船にはそれが無くなった。また、風に対して真っ直ぐ突っ込める蒸気船は、帆船に比べて荒れた海では不快な揺れ方となる。さらに、蒸気船による旅程の短縮によって、揺れに対して順応する前に旅が終わってしまうことも悪印象の原因となった。

BY WIKIPEDIA