閉塞性血栓性血管炎

閉塞性血栓性血管炎

閉塞性血栓性血管炎(へいそくせいけっせんせいけっかんえん、ラテン語Thromboangiitis Obliterans: TAO)は、末梢動脈に閉塞性の内膜炎を起こし、末梢部に潰瘍や壊疽を引き起こす病気。フェリックス・フォン・ヴィニヴァルターによって報告された。 一般に、発見者であるレオ・ビュルガーにちなんだ名前であるBuerger’s diseaseとして、ビュルガー病(ドイツ語読み)或いはバージャー病(英語読み)で知られている。 日本においては、14番目の特定疾患治療研究対象疾患(難病)に定められており、国からの治療費等の補助が受けられる。 病態 末梢動脈に血栓を生じ、それが結合組織に置き換えられて動脈が閉塞し血流の途絶を招き、結果的に末梢部の壊死を引き起こす。 疫学 男性患者が9割であり、女性は少ない。20歳から50歳まで特に30代の喫煙者でストレスが過多な患者に多発。受動喫煙者を含めるとほぼ全員が喫煙に関与していると言う。日本には約1万人の罹患者がいるとされる。近年日本での患者は減少気味。 症状 遊走性静脈炎 : 静脈に炎症(静脈炎)が見られる。

BY WIKIPEDIA