閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう、ASO: arteriosclerosis obliterans)は、主に下肢の、主に大血管が慢性に閉塞することによって、軽い場合には冷感、重症の場合には下肢の壊死にまで至ることがある病気である。 疫学 中年以降、特に50歳以降の男性に多い。 症状 病気の進行に従って、様々な症状を呈する。Fontaine分類(フォンテイン分類)は、病期と症状を結びつけたものとして広く用いられている。 Fontaine 1度(もっとも軽症) 下肢の冷感やしびれ、色調の変化 Fontaine 2度 間歇性跛行(かんけつせいはこう) – 数十から数百m歩くと痛みのため歩行継続不可能になる症状。なお、腰部脊柱管狭窄症でもみられるため鑑別が必要。 Fontaine 3度 安静時疼痛 Fontaine 4度(もっとも重症) 下肢の壊死、皮膚潰瘍。糖尿病などによる末梢神経障害がない限り、患者は激痛を訴える。その他の症状として、陰萎がある。 診断 特徴的な病歴や、下肢の色調・冷感などから、診断は比較的容易である。

BY WIKIPEDIA