食道癌

食道癌

食道癌(しょくどうがん、英:Esophageal cancer)は、広義では食道に発生する癌腫の総称。 疫学 日本では、60歳代の男性に好発し、男女比は、3:1程度である。また、食道癌全体の93%以上を食道扁平上皮癌がしめ、発生部位も胸部中部食道に多いのに対し、アメリカではここ30年ほどで扁平上皮癌の割合が低下し、現在では約半数を食道胃接合部近傍の腺癌が占める。その違いの原因は明らかではないが、ひとつは禁煙による癌発症予防効果が扁平上皮癌の方が高いことが挙げられている。これは、アメリカでは日本より禁煙が進んでいるためである。白人に比べて喫煙率が高い黒人では扁平上皮癌の罹患率がより高いことが示されている。また、バレット食道の罹患率がアメリカのほうが多いという点も理由に挙げられる。 病理 以下の種類に分類されるが、扁平上皮癌が全体の90%以上を占め、ついで腺癌である。 良性上皮性腫瘍扁平上皮乳頭腫 腺腫上皮内腫瘍扁平上皮内腫瘍(低異型度・高異型度) 円柱上皮内腫瘍上皮性悪性腫瘍扁平上皮癌(高分化型・中分化型・低分化型) 類基底細胞癌 腺癌(高分化型・中分化型・低分化型) 腺扁平上皮癌 粘表皮癌 腺様嚢胞癌 内分泌細胞腫瘍(カルチノイド、内分泌細胞癌) 未分化癌非上皮性腫瘍平滑筋腫瘍 消化管間質腫瘍 (GIST) 神経性腫瘍リンパ球系腫瘍 腫瘍様病変異所性胃粘膜 異所性皮脂腺 Cowden病 グリコーゲン表皮肥厚 分類 病期分類は、国際的に多くの腫瘍で用いられる通りTNM分類によって行われる。

BY WIKIPEDIA