重症急性呼吸器症候群

重症急性呼吸器症候群

重症急性呼吸器症候群(じゅうしょうきゅうせいこきゅうきしょうこうぐん、英語: Severe Acute Respiratory Syndrome; SARS(サーズ))は、SARSコロナウイルスにより引き起こされる感染症。新型肺炎(非典型肺炎、中国肺炎、Atypical Pneumonia)とも呼ばれた。 2002年11月(広州市呼吸病研究所は7月と発表)に中華人民共和国広東省で発生し、2003年7月に新型肺炎制圧宣言が出されるまでの間に8,069人が感染し、775人が死亡した。 経緯 2002年11月16日に広東省で40代の農協職員が発症した例が最初とみられているが、2003年5月6日までに報道されたところによると、広州市呼吸病研究所は最初の患者が7月にさかのぼると発表しているとのこと。 SARSが知られるようになったのは、2003年2月のことである。 中国からの旅行者であるアメリカのビジネスマンがシンガポールへ向かう航空機の中で肺炎に似た症状を引き起こした。飛行機はベトナムのハノイに着陸したが、ハノイの病院でこの旅行者は死亡した。

BY WIKIPEDIA