全身性強皮症

全身性強皮症

強皮症(Scleroderma)は、全身の皮膚が硬くなる他、内臓にも病変を発症する原因不明の慢性疾患である。古典的五大膠原病のひとつ。 分類 強皮症は以下の通りに分類される。一般的には全身性強皮症(SSc)のことをさす。 強皮症(Scleroderma) 限局性強皮症(Localized Scleroderma) 線状強皮症 斑状強皮症(モルフィア) 全身性強皮症(Systemic Scleroderma:SSc) 限局型強皮症(limited SSc):抗セントロメア抗体 びまん型強皮症(diffuse SSc):抗トポイソメラーゼⅠ(抗Scl-70)抗体・抗RNAポリメラーゼⅢ抗体 疫学 30-60代に多く、男女比は1:9で、女性に多い。

BY WIKIPEDIA