全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、英語: Systemic lupus erythematosus; SLE, ドイツ語: Lupus erythematodes)とは、全身の臓器に原因不明の炎症が起こる、自己免疫疾患の一種である。膠原病の1つとして分類されている。 全身性は文字通り体中どこにでも症状が起こることを意味し、エリテマトーデスは紅斑(エリテマ)症を意味し、本疾患に特徴的に生じる皮疹に由来する。英語の病名中にあるlupusはラテン語で狼の意であり、「狼に噛まれたような」と称されるSLEの皮膚症状より名づけられたものであるが、日本語と中国語で狼瘡と呼ばれる事はある。lupusの語は「CNSループス」「ループス腎炎」などで見られる。 疫学 SLEの発生頻度は女性10に対して男性が1である。また発症年齢は出産適齢期と重なる15-40歳が好発であるため、エストロゲンなどの女性ホルモンの関与が疑われている。人種的には、アジア人・黒人が白人より多いとされる。 膠原病の中では、関節リウマチに次いで2番目の頻度で見られる疾患である(ただし、シェーグレン症候群の軽症も含めた患者数は十分把握されておらず、実際にはそれより少ないと考えられる)。

BY WIKIPEDIA