ステロイド皮膚症

ステロイド皮膚症

アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「場所が不特定」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos – a=不特定、topos=場所)から由来し、1923年コカ (Arthur F. Coca) とクック (Robert A. Cooke) という学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」に対して名づけた。 皮膚に関する現代病の代表格。原因は解明されておらず、かゆみを伴う湿疹が、反復的に症状として生じる。 初出 アトピー性皮膚炎という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけて「アトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)」という病名を初めて使用した。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などの他のアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

BY WIKIPEDIA