C型肝炎

C型肝炎

『ウイルス性肝炎』より : C型肝炎(Cがたかんえん、英: Hepatitis C)とは、C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。 疫学 現在の日本のHCV感染者数は約200万、世界では1億7千万(世界人口の3%近く)がキャリアであると見られている。 日本ではインターフェロン治療が効きにくい1b型が70 – 85%を占め、以降2a型が10 – 15%、2b型が約5%で、他はまれである。ただし、血友病患者では1a型が多い。これは血友病患者がC型肝炎に罹患する原因となった血液製剤の輸入元であるアメリカでは1a型が最も多いことに由来する。 以前より、非A非B型肝炎と称されていた。 U.S. Preventive Services Task Forceは、1945~1965年生れのすべてのアメリカ人に対してC型肝炎スクリーニングを推奨することとした。 感染経路 HCVは血液が主な感染経路で、かつては輸血による感染が多かった。ディスポーザブル注射器の普及により現在においては先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない。

BY WIKIPEDIA