肝細胞癌

肝細胞癌

肝細胞癌(かんさいぼうがん、英: Hepatocellular carcinoma, HCC)は、肝臓に発生する腫瘍の1つで、肝細胞に由来する悪性腫瘍である。 疫学 原発性肝癌の90%以上を占める。80%~90%が肝硬変あるいはその前段階である慢性肝炎に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的にC型肝炎の感染率が高いことが原因と考えられている。 日本や西欧ではC型肝炎が原因として多いが、その他のアジアやアフリカではB型肝炎が多い。 原因 肝細胞癌の多くは慢性肝炎・肝硬変から発生する。 C型肝炎:70~80%で最多C型肝炎が原因の場合にはほとんどが肝硬変を経て発症する。発癌率は年7~8%であり、6年から7年で50%が発癌する。B型肝炎:10%~20%B型肝炎では肝硬変へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、B型肝炎ウイルスはDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。

BY WIKIPEDIA