肝炎

肝炎

肝炎(かんえん、英語:Hepatitis)は、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称である。 日本ではウイルス性による肝炎が80%を占める。日本では特にA、B、C型が多い。 原因 肝炎の原因は以下が存在する。 ウイルス性肝炎 A型肝炎 – 経口感染 B型肝炎 – 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている) C型肝炎 – 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、集団予防接種における注射針の使い回し、刺青、輸血、血液製剤等) D型肝炎 E型肝炎 – 経口感染 G型肝炎 TT型肝炎 肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなど アルコール性肝炎 非アルコール性脂肪性肝炎 薬剤性肝炎 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性肝硬変 病態 肝炎ウイルスによる肝炎発症の機序は、ウイルス自体が肝細胞を破壊するために起こるのではなく、肝細胞内で増殖しているウイルスに対する生体の免疫反応によって、ウイルスだけではなく肝細胞も一緒に障害を受けてしまうことによる。

BY WIKIPEDIA