悪性腫瘍

悪性腫瘍

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: Malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめるとされる。 一般に癌(ガン、がん、英: Cancer、独: Krebs)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、英: Malignant neoplasm)とも呼ばれる。 「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。 語義 「悪性腫瘍(Malignant tumor)」は、一般に「がん(英: Cancer、独: Krebs)」として知られているが、病理学的には漢字で「癌」というと悪性腫瘍のなかでも特に上皮由来の「癌腫(上皮腫、Carcinoma)」のことを指す。

BY WIKIPEDIA