急性糸球体腎炎

急性糸球体腎炎

『糸球体腎炎』より : 糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん、英語: Glomerulonephritis)は、腎疾患の一つで腎臓の炎症の一つ。 腎臓の炎症である腎炎は病理組織学的に炎症の首座がどこにあるかによって、糸球体腎炎、間質性腎炎、および腎盂腎炎に分類される。主に糸球体に炎症反応がみとめられるものを糸球体腎炎と呼ぶ。 種類 急性糸球体腎炎(Acute glomerulonephritis) 急速進行性腎炎症候群(Rapidly progressive glomerulonephritis) 慢性糸球体腎炎(Chronic glomerulonephritis) 急性糸球体腎炎 急性糸球体腎炎(英語: Acute glomerulonephritis; AGN)は、その90%が連鎖球菌感染に続発していることから、溶連菌感染後急性糸球体腎炎(英: Poststreptococcal Acute GlomeruloNephritis; PSAGN) とも呼ばれており、抗原抗体反応(アレルギーIII型)によって発症するび慢性の炎症である。

BY WIKIPEDIA