クローン病

クローン病

クローン病(クローンびょう、英:Crohn’s disease、CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患。厚生労働省より特定疾患に指定されている。潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。なお、DNA・細胞・生体などのコピーを指すクローン(Clone)と関係はない。 1932年にニューヨーク大学のマウントサイナイ病院の内科医:ブリル・バーナード・クローンらによって限局性回腸炎として報告される。後に病名は改められたが回腸、特に回腸末端から盲腸にかけての回盲部に好発する点は確かである。 疫学 10 – 20歳に多く見られ、日本での罹患者数は約4万人以上で、潰瘍性大腸炎よりは罹患者数は少なく、中高年での発症はほとんど無い。 経口避妊薬常用者では1.9倍、喫煙者で1.8倍に発症リスクが増す。受動喫煙も大きな危険因子であり、出産前に妊婦が環境たばこ煙にさらされた場合に1.7倍、子供時代にさらされたら2.0倍に罹患リスクが増す。

BY WIKIPEDIA