政略結婚

政略結婚

政略結婚(せいりゃくけっこん)とは、政治上の駆け引きを目的とした結婚を指す。 政略結婚が行われる主な理由は、下記の通りがある。 同盟を結び、戦争回避を目的としたもの 侵略推進を目的としたもの 相手の君主の継承権を得るため 経済的支援を得るため日本の戦国時代においては、敵対する勢力同士の和睦や臣従、同盟関係の締結などにおいて政略結婚としての婚姻が行われており、織田信長の妹であるお市の方(浅井長政へ嫁ぐ)など、広く行われていた。時には10歳に満たない者が、嫁に出されることさえあった。豊臣政権下において、徳川家康・毛利輝元・前田利家など5人の大大名の連名で、大名間の私婚の禁止の文書が諸大名に通達されたが、家康と伊達政宗によって破られた。江戸幕府では、これにより大名同士の結束が強まることを恐れたため、武家諸法度で大名同士の結婚には幕府の許可を要するようにするなど、強く規制した。 13世紀にユーラシアに領域を拡大したモンゴル帝国は、正式な国号を「大モンゴル・ウルス(大蒙古国)」というが、モンゴル語で「国」を意味する「ウルス」の原義は「人の集まり」や「人の集団」である。

BY WIKIPEDIA