下顎骨骨折

下顎骨骨折

下顎骨骨折(かがくこつこっせつ、英: Mandibular fracture)は、下顎骨が変形、破壊を起こす骨折である。咀嚼、構音、咬合などの機能障害を伴う。 下顎骨骨折はその大部分が外傷性骨折であり、その内の約半数が交通事故によって発生する(増村ら 42.1%、小浜ら 45.1%、Halazonetis 46.0%、Haganら 55.8%)。下顎骨は各種咀嚼筋が多数付着しており上下左右あらゆる方向に力が作用しているので骨の変位が起こりやすい。また、下歯槽管を断裂した場合には多量の出血や下歯槽経の損傷による神経麻痺などが発生する。下顎骨は複雑な形態をしており、下顎骨の%骨体部及び下顎角部は直達骨折の場合が多いが、細い関節突起部は介達骨折を引き起こしやすい傾向にある。診断は触診などで骨折部位の推定を行い、X線撮影により特定する。 また、本来強固である下顎骨も、骨髄炎や腫瘍、放射線治療の後遺障害などにより骨が吸収され、その強度が減少することもある。この場合、交通事故などの強い衝撃でなくごく軽い衝撃、場合によっては自然に骨折することさえ有る。

BY WIKIPEDIA