一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20~30%程度という意見もある)。一方TIAを疑った時点で速やかに治療を開始した場合、90日以内の大きな脳卒中発症率が2.1パーセントまで低下するという。 なお血管系の疾患の合併症として現れることが多いので、この症状が見られる場合は高血圧症・高脂血症・糖尿病等の検査も同時に行う。 原因 頭蓋外動脈の血行障害、小塞栓、血管痙攣。 症状 症状は内頚動脈領域か椎骨脳底動脈系の循環障害かで異なる。

BY WIKIPEDIA