スクリプト言語

スクリプト言語

スクリプト言語(スクリプトげんご、英語: scripting language)とは、アプリケーションソフトウェアを作成するための簡易的なプログラミング言語の一種を指す。 スクリプト(英語で「台本・脚本」の意味)とは、その簡易的な言語記述方法を指してそう呼ばれるようになった。 上記の意味より、さらに転じて、比較的単純なプログラムを記述するための、簡易的なプログラミング言語全般をいう。変数に型をつけないなど、動的型付け言語をスクリプト言語と呼ぶ定義もある。ただし、厳密な定義ないし区別は存在しない。インタプリタ方式を採用しているものが多いが、性能向上のため実行時コンパイルなどの利用も盛んである。また一方でコンパイラ方式だがGo言語の go run サブコマンドなどソースコードから1コマンドで実行できるという言語も増えており、「この言語はインタプリタ」「この言語はコンパイラ」とこだわるのもナンセンスだが、わかりやすい区別に見えるためか、こだわる向きも多い。

BY WIKIPEDIA