アレルギー性肉芽腫性血管炎

アレルギー性肉芽腫性血管炎

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(こうさんきゅうせい・たはつけっかんえんせい・にくげしゅしょう、Eosinophilic granulomatosis with polyangitis; EGPA)は全身の動脈に炎症が生じる病気である。チャーグ・ストラウス症候群(Churg-Strauss syndrome)やアレルギー性肉芽腫性血管炎(Allergic granulomatosis-Angitis; AGA)の名称ももちいられていたが、血管炎の分類を定めるCHCCの2012年改訂によって、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 (Eosinophilic granulomatosis with polyangitis; EGPA) と改名された。

BY WIKIPEDIA