できちゃった結婚

できちゃった結婚

できちゃった結婚(できちゃったけっこん)あるいはできちゃった婚(できちゃったこん)とは、妊娠したことをきっかけとして結婚すること。 「でき婚」「おめでた婚」「授かり婚(さずかりこん)」「既成事実婚(きせいじじつこん)」ともいう。 日本では1990年代後半より、妊娠をきっかけとする結婚の報道が増え、実態が徐々に社会に知られたことによってこうした呼称が使われるようになった。ほかにも結婚・出産と二重の幸福を意味する「ダブルハッピー」(結婚情報誌『ゼクシィ』の用語)、妊婦姿での結婚式から「マタニティウェディング」などの表現も考案されている。修飾語と被修飾語が逆の「婚前妊娠」とも呼ばれている。 英語(米俗)では、shotgun weddingまたはshotgun marriageなどと表現される。妊娠した娘の父親が相手の男性に散弾銃を突きつけて婚約を迫ったということに由来する。 統計 厚生労働省の資料によれば、日本において嫡出第1子出生数のうち妊娠期間よりも結婚期間の方が短い(つまり結婚前に妊娠している)割合は、標準化後の数値で1980年(昭和55年)に10.6%だったものが2004年(平成16年)には26.7%と、約20年間で倍増している(出産の割合であり、結婚の総件数に占める割合ではないことに注意)。

BY WIKIPEDIA