UFJ銀行

UFJ銀行

UFJ銀行(ユーエフジェイぎんこう、英称: UFJ Bank Limited)は、かつて存在した日本のメガバンク。2002年1月15日に、UFJホールディングス傘下の三和銀行(大阪市)と東海銀行(名古屋市)が合併して誕生した。 2006年1月1日に東京三菱銀行に吸収合併され、現在の三菱東京UFJ銀行となった。発足から、わずか約4年(3年11ヵ月15日)で姿を消した計算になる。 本店は愛知県名古屋市中区にあった(旧東海銀行本店)。実質的な本社機構は東京都千代田区大手町のサンワ東京ビル(現・三菱東京UFJ銀行大手町ビル)に設置された東京本部(旧三和銀行東京本部)であった。 UFJはUnited Financial of Japan(ユナイテッド・フィナンシャル・オブ・ジャパン)の頭文字を取って名付けられた。スローガンに「こたえていくチカラ。」を定めていた。 2006年1月1日に東京三菱銀行に合併されて解散した。以後の沿革などについては三菱東京UFJ銀行を、旧三和銀行ならびに旧東海銀行の沿革などについては、三和銀行、東海銀行の各項目を参照。

BY WIKIPEDIA