三和銀行

三和銀行

『UFJ銀行』より : 株式会社三和銀行(さんわぎんこう、英称:The Sanwa Bank, Limited)は、かつて存在した都市銀行。2002年、東海銀行と合併しUFJ銀行となった。なおUFJは、2005年(平成17年)に東京三菱銀行と合併し、現在は三菱東京UFJ銀行となっている。 本店は大阪市中央区に置き、メガバンク再編前、全国銀行協会会長を輪番で担当する大手6行(当行・東京三菱・住友・第一勧業・富士・さくら)の中で唯一、地方銀行の業容が拡大して都市銀行となった銀行であった。 現在の三菱東京UFJ銀行に至るまで現在の東京証券取引所に上場していた。 戦前 – 在阪3行の合併で発足 三和銀行は、1933年(昭和8年)12月、いずれも本店を大阪に置く、三十四銀行、山口銀行、鴻池銀行の3行合併により創立された。 鴻池銀行は、鴻池家により1877年5月に設立された第十三国立銀行に端を発し、三和銀行はこのときを創業日にしていた。鴻池家は江戸時代初期の1656年に両替店を開いており、歴史は三百数十年に及び、国際的にも極めて古い金融業者であった。

BY WIKIPEDIA