デカ

デカ

デカ(deca, 記号:da)は国際単位系(SI)における接頭辞の一つで、基礎となる単位の101(=10)倍の量であることを示す。decaを用いた単語に、decade(10年間)、decathlon(十種競技)などがある。 アメリカ合衆国ではdekaと綴られる(詳細は、リットル#英語表記のゆれを参照)。しかし、SIの国際事務局であるBIPMの文書(英語版)における正式の英語表記はdecaであり、これは英国でも日本でも同じである。 1795年の当初のメートル法で定められた6つの接頭辞の一つである。デカは、ギリシャ語で「十」を意味するδέκα(deka)に由来する。当時は、倍量の接頭辞はギリシャ語から、分量の接頭辞はラテン語から作成することとしていた。そこで、ギリシャ語の単語をフランス語風に変更して作られたのがデカ(deca)である。1960年の第11回国際度量衡総会(CGPM)でSIが制定される際に正式に承認された。 倍量の接頭辞の記号のほとんどは大文字であるが、デカ(da)は小文字である。これは、倍量には大文字を使うという決まりができる前にすでにデカが定められており、すでに小文字で定着していたためである。

BY WIKIPEDIA