テラ

テラ

テラ(tera, 記号:T)は国際単位系 (SI) における接頭辞の1つで、基礎となる単位の1012(=一兆)倍の量であることを示す。 1960年に定められたもので、ギリシャ語で「怪物」を意味するτέρας (teras) に由来する。また、これはギリシャ語で「4」を意味する接頭辞τετρα-(tetra-)似ており、1012=10004でもあるため、ペタ以上の接頭辞を制定する際に参考にされた。 コンピュータの分野においては、テラは1,099,511,627,776 (240) を表す場合もある(テラバイトなど)。しかし、1,000,000,000,000 (1012) を表す場合もある(例:1テラビット/秒 (Tbps) =1,000,000,000,000ビット/秒)。曖昧さを回避するために240については2進接頭辞「テビ」 (tebi, 記号:Ti) が導入されたが、あまり用いられていない。 使用例 テラヘルツ = 1,000,000,000,000ヘルツhe:תחיליות במערכת היחידות הבינלאומית#טרה。

BY WIKIPEDIA