アト

アト

アト(atto, 記号:a)は国際単位系(SI)における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の10-18倍(=0.000 000 000 000 000 001倍、百京分の一)の量であることを示す。アットとも。 1アト秒 = 0.000 000 000 000 000 001秒 1アトメートル = 0.000 000 000 000 000 001メートル1964年に導入されたもので、デンマーク語で「18」を意味するattenに由来する。 関連項目 アトパーセク — パーセクの10-18倍の長さ。約3.085センチメートル。科学者の間で冗談として使われる単位である。(en:List of strange units of measurement#Attoparsecを参照)。

BY WIKIPEDIA